結婚式が決まったら脱毛を。ブライダル脱毛事情あれこれ

ウェディングドレスをキレイな肌で着るには?

結婚式は、人生の晴れ舞台。ムダ毛を気にすることなくステキなドレスを着こなしたいと思いませんか?
しかし、結婚式直前にカミソリなどで自己処理をすると、方法によっては肌にダメージを与えてしまい、肌荒れした状態でドレスを着ることになりかねません。
せっかくの結婚式なのに、ムダ毛のせいで憂鬱な気分になったり、そんな姿が写真に残ったりするのは嫌ですよね。
本記事では、結婚式の準備に脱毛が必要な理由や、脱毛にかかる期間、結婚式前におすすめの脱毛方法などについて、詳しくご紹介していきます。肌の露出が多いウェディングドレスを着る前に、ムダ毛に関する悩みを解消して、キレイな肌で結婚式を迎えましょう。


幸せな結婚式。ムダ毛のないキレイな肌でドレスを着たい

結婚式前に脱毛は必要?一番幸せでキレイな花嫁姿を写真に残したい

幸せな結婚式。ムダ毛のないキレイな肌でドレスを着たい

結婚式は、人生の中でも特に大切な一大イベント。ウェディングドレスは意外と肌の露出が多いものです。それに加え、カメラマンや参列者が常時カメラを構えているため、どんな角度から写真を撮られるのか分かりません。
大事な晴れ舞台のときには、ムダ毛のことなど気にせずに思いっきり幸せな気分に浸りたいですよね。そう思うなら、結婚式の「準備」に脱毛も加えて、主役の日に備えるのがおすすめです。

意外とある肌の露出。結婚式前の脱毛におすすめの部位は?

「ウェディングドレスは肌の露出が多い」ということは何となくイメージできる人も多いでしょう。では、結婚式に向けて脱毛する場合、具体的にどの部位を脱毛していくべきなのでしょうか。
ここでは、結婚式におすすめしたい脱毛の部位についてご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。


・ワキ
結婚式では、ブーケトスやキャンドルサービスなど、腕を上げる場面も訪れます。事前に脱毛してキレイにしておくと安心な箇所です。


・うなじ
結婚式では髪をアップにすることが多いため、普段はなかなかうなじを露出せず、気にしていなかった人も要注意です。うなじが露出する髪型にする場合は事前に脱毛しておいた方がよいでしょう。


・腕、指
腕や指は、指輪交換のときに多くの人がアップで写真を撮る可能性があります。キレイな写真を撮ってもらうためにも、事前に脱毛しておいた方が安心です。


・背中
ドレスによっては背中が多く露出しているタイプもあります。背中は自分では確認しづらいため、特に気になってしまう箇所です。その不安を解消するためにも、背中の脱毛は結婚式前には特におすすめといえるでしょう。


・ヒザ上、ヒザ下
ミニ丈のウェディングドレスなど、デザインによっては足が露出する場合もあります。素足にも自信を持てるよう、ヒザ下、ヒザ上の脱毛をしておくこともおすすめします。


結婚式の予定が決まったらすぐに脱毛の準備を始めよう

満足のいくキレイな肌を目指すなら、結婚式1年前から脱毛開始

結婚式の予定が決まったらすぐに脱毛の準備を始めよう

結婚式の直前に脱毛をしようと考える人もいますが、満足のいくキレイな肌を目指すのであれば、「結婚式1年前」から脱毛を始めることが理想的です。「そんなに前から始める必要があるの?」と思われたかもしれませんが、1回だけのお手入れではムダ毛は完全になくなることはありません。だからこそ、結婚式の日取りが決まった段階で、脱毛のスケジュールを立てましょう。


また、効率よく脱毛するためには、「毛周期」を把握した上で、美容脱毛専門サロンなどでお手入れすることが大切になります。体毛には3つの周期があり、脱毛は最も効果のある「成長期」に行うのが望ましいからです。
毛周期に関しては、以下の記事でも詳しくご紹介しています。あわせてご覧になってみてください。

では、サロンでお手入れした場合、具体的に脱毛効果が期待できるのは何回目頃なのでしょうか。個人差はありますが、目安としては4?6回目以降のお手入れで脱毛効果を実感する人が多いようです。さらに、8~12回程度でお手入れの心配がいらない肌になっていきます。
サロンに通うペースは、通常1~3カ月に1回となっており、1カ月に1回通ったとしても、効果を感じるためには最低でも4カ月程度はかかることになります。
また、体調不良や、日焼けをしている場合、生理中など、お手入れができない条件に当てはまっていると、予約を入れていてもお手入れできず、スケジュール通りに進まない可能性もあります。
さらに、肌のコンディションを考慮すると、結婚式の1カ月前からはお手入れを控えた方がよいとされています。


これらの点を踏まえると、やはり結婚式1年前から脱毛の準備を始めていく必要があるといえるでしょう。


脱毛を行う際は、事前にお手入れできない条件や注意事項も確認しておきましょう。


結婚式まで1週間。ブライダルシェービングはできる?

サロン脱毛は、挙式の1年前からお手入れを始めていくのが理想的ですが、妊娠中などさまざまな理由でサロンに通うことができなかった人などもいるでしょう。そういった場合、ブライダルシェービングでムダ毛処理をするという選択肢もあります。


ブライダルシェービングには、理容室で行われる「シェービング」と、ブライダルエステのコースに含まれる「ソフトシェービング」の2種類が存在します。ソフトシェービングは、電動シェーバーを使用して行うケアであり、特に資格はいらないものですが、よりキレイな肌を目指すのであれば、カミソリを扱う資格のある理容師さんにシェービングをお願いした方がよいでしょう。


理容室が行うシェービングのメリットは、カミソリを直接肌に当て、産毛と古い角質を除去するため、肌トーンや化粧のりがアップすることです。また、挙式の3?7日前に駆け込みでも大丈夫という点もメリットといえるでしょう。
デメリットは、式直前の忙しい時期と重なり面倒であること、シェービングの範囲にワキや腕が含まれない場合が多く確認が必要なこと、カミソリ負けしてしまう可能性があることなどです。


せっかくキレイになろうと思ってシェービングをしたのに、カミソリ負けをしてしまい、結婚式当日に肌が赤くなって荒れた状態になってしまったり、結婚式当日にはすでにムダ毛が生えてしまったりする可能性もあります。そのため、脱毛サロンなどを利用せず、シェービングでムダ毛の処理を行う場合は、こういったリスクが伴うことを考慮にいれた上でムダ毛の処理を行うようにしてください。


結婚式前の脱毛はサロンがおすすめ

自己処理のメリット・デメリット

脱毛サロンはお金がかかるという理由から、自己処理を行う人もいるでしょう。
コストを抑えられる点はメリットといえますが、プロの手で行うサロンとは違い、どうしても肌の表面を傷つけてしまう可能性が高くなります。また、自己処理の場合はムダ毛が生えてくるたびに繰り返し行う必要があり、肌に刺激を与え続けると、メラニンが沈着して肌が黒ずんでしまう可能性もあります。
うなじや背中など、自己処理が難しい箇所を無理して処理する場合は、さらに肌のトラブルに結びつく可能性も高くなります。こういった点を踏まえると、自己処理はデメリットが多く、できれば避けていただく方がいいでしょう。


自己処理のメリット・デメリットについては以下の記事で詳しくご紹介しています。


美容脱毛専門サロンと脱毛クリニックの違いは?

「美容脱毛専門サロン」と「脱毛クリニック」、これらの違いはご存知でしょうか?
「脱毛クリニック」は、医師の管理下で脱毛を行います。そのため、レーザーの出力が強く、短期間で効果を得られるという特徴があります。ただし、パワーが強い分、痛みも感じやすく、肌への負担も大きい傾向にあります。費用も高額になりがちです。


一方、「美容脱毛専門サロン」は、制毛成分配合の専用ジェルを塗布した肌にライトを当てる美容脱毛です。痛みは少ない傾向にあり、「できるだけ肌の痛みや負担を抑えて脱毛したい」という人に適しているでしょう。また、お得なプランも多く、脱毛の悩み相談が行える無料カウンセリングがあるなど、お手入れを受ける人の気持ちに沿ったサービスがあることも大きな特徴です。


結婚式に合わせてキレイな肌を手に入れるためには、自分にとって最適な脱毛方法を選ぶことが大切です。
ミュゼプラチナムでは、気になる箇所と回数を自由に選べるコースもご用意しています。ぜひこの機会にお手入れを始めてみてはいかがでしょうか。



脱毛コラム

ワキ脱毛、Vライン脱毛、ハイジニーナVIO脱毛について詳しく知りたい方は、以下より気になる部位をクリックしてご確認ください。
ワキ脱毛とはVライン脱毛とは ハイジニーナ(VIO)脱毛とは

ワキ脱毛とは Vライン脱毛とは ハイジニーナ(VIO)脱毛とは

このページのTOPへ

ミュゼプラチナムはピンクリボン活動を応援しています

ミュゼプラチナムは(社)日本エステティック経営者会に参加しています。 ミュゼプラチナムはRVHのグループ会社です。

<