乾燥肌になる仕組みと原因とは?十分に対策して肌の潤いを保とう

肌トラブルを防ぎ、肌をキレイに保つためには、乾燥対策を行い潤いを保つ必要があります。そのためには、まず乾燥肌になる仕組みや原因を押さえるのがおすすめです。原因が分かれば乾燥対策を行いやすくなります。

そこでこのページでは、乾燥肌になる仕組み・原因についてご紹介します。効果的な乾燥対策についても触れるので参考にしてみてください。

乾燥肌とは?

乾燥肌とは?

乾燥肌とは、肌の水分が不足して潤いがなくなった状態のことです。皮膚の角質層の水分量が低下して肌が乾燥することによって起こり、水分だけでなく皮脂が足りない場合も乾燥肌と呼ばれます。

乾燥肌になると、入浴後や洗顔後など肌がつっぱるような感じがしたり、全身がカサカサしたりします。また、肌に粉吹き・かゆみなどの症状があらわれることも多いです。皮脂が少ない部位は乾燥肌になりやすく、すね・ひじ・足の裏などは注意が必要です。

乾燥肌には大きく分けて2種類あり、特定の肌タイプの場合と一時的な乾燥肌があります。肌タイプが乾燥肌の場合、肌のバリア機能などが正常に働かないことで慢性的に乾燥します。一時的な乾燥肌は、どのような肌タイプの方でもさまざまな原因により起こり、一時的に肌が乾燥する症状が見られます。

空席確認・予約する

乾燥肌になる仕組み

乾燥肌になる仕組み

乾燥肌になると肌トラブルが起きやすくなるため、十分に対策する必要があります。そのためにも、どのような流れで乾燥肌になるのか仕組みを押さえておくのがおすすめです。ここからは、乾燥肌になる仕組みをご紹介します。

角質が肌の水分を守っている

まず、乾燥肌に大きく関わっているのは肌の表面にある「角質層」です。この角質層は外的刺激から肌を守る役割(バリア機能)があり、水分や脂質などが外へ失われるのを防ぎます。

角質層はアミノ酸や尿素でできた「天然保湿因子」と、セラミドなどでできた「細胞間脂質」で構成されています。また、肌の表面を覆い水分が逃げるのを防ぐ「皮脂」などが正常な状態を保つことにより、肌の潤いを保っているのです。

バリア機能の低下により水分が失われる

角質層のバリア機能を正常に保てていれば、肌は潤いを保てるため乾燥肌にはなりません。しかし、何らかの要因により角質層がダメージを受けてバリア機能に異常が起きると、そこから水分が失われて肌が乾燥します。

このバリア機能が低下すると肌が乾燥しやすくなるだけでなく、外部からの刺激を受けやすくなり、肌荒れなどのトラブルが起きやすくなるため注意が必要です。

ターンオーバーの乱れも関わっている

肌が正常な状態であれば、一定のサイクルで古い肌は体外に排出され新しい肌が生まれます。この肌の新陳代謝サイクルを「ターンオーバー」と呼び、このターンオーバーが乱れると肌は乾燥しやすいです。

ターンオーバーが遅れている状態であれば、古い角質が肌に残ってしまうためバリア機能が低下してしまいます。反対にターンオーバーが早いとバリア機能が未熟な肌が表面に出てきてしまうため、乾燥しやすくなります。

乾燥肌の主な原因

乾燥肌の主な原因

乾燥肌を改善するためには、なぜ乾燥肌になるのか原因を押さえておくのがおすすめです。自分の肌の乾燥の原因が分かれば、対策しやすくなります。ここからは、乾燥肌の主な原因をご紹介します。

紫外線によるダメージ

紫外線は日焼け・シミ・シワなどの原因になるだけでなく、乾燥肌の原因にもなります。紫外線を長時間浴びると肌の水分を守る角質層がダメージを受けてしまい、バリア機能が低下してしまいます。

季節によって紫外線の量は変わりますが、それでも日焼けしてしまうので、日差しが強いときは日焼け止めや日傘を使い、肌を守るのがおすすめです。日焼けしたときなどの紫外線によるダメージを受けた後は、保湿をして肌の調子を整えることが大切です。

季節や暖房器具による空気の乾燥

空気が乾燥していると肌から水分が蒸発しやすく、乾燥肌になりやすいです。例えば、梅雨の時期と冬の時期であれば、冬の方が空気は乾燥しやすいため乾燥肌になるリスクが高まります。

また、冬の季節は屋内にいたとしても、暖房器具を使っていると空気は乾燥してしまいます。このように室内の湿度が下がり乾燥が進む場合は、加湿器などを使って湿度を上げるのがおすすめです。空気が乾燥しやすい時期はこまめに保湿して、肌を守ることも大切です。

誤ったスキンケア・ムダ毛処理

スキンケアは肌の状態を保つために必要なことですが、方法を間違えるとかえって肌にダメージを与えてしまいます。例えば、洗浄力が強い洗顔料・石鹸を使い、ゴシゴシ強く擦ると角質層は傷つきます。

肌の潤いを保つために必要な皮脂を守るには、洗浄力が強すぎない洗顔料・石鹸を選ぶのがおすすめです。また、カミソリを使った自己処理は、角質層を削ってしまうため頻繁に行うと肌に負担をかけて乾燥しやすくなるので、注意が必要です。

生活習慣の乱れ

睡眠不足や食生活が乱れている状態だと、肌のターンオーバーも乱れてしまい乾燥しやすくなります。これは外的要因ではなく、身体の内側から発生する問題です。ターンオーバーを正常なサイクルにするためには、成長ホルモンが分泌されるように十分に睡眠を取る必要があります。

また、栄養バランスが良い食事をとることでも、新しい肌が作られやすくなります。その中でも、ビタミンB群は肌のターンオーバーを正常に保つ働きがあるので重要です。

加齢による皮脂・水分量の低下

肌は加齢によって乾燥しやすくなります。これは、年を取るにつれて肌の皮脂量や水分量が少なくなり、バリア機能が低下するためです。また、ターンオーバーのサイクルが加齢により遅くなることも、乾燥肌になりやすくなる要因です。

これらは加齢によるものなので避けられず、不足する皮脂や水分を補うために化粧水や保湿クリームを使い保湿する必要があります。また、こまめに水分を補給して身体の内側から肌を潤すことも大切です。

肌の乾燥・ダメージが気になるなら脱毛がおすすめ

肌の乾燥・ダメージが気になるなら脱毛がおすすめ

肌の乾燥やダメージが気になる方であれば、脱毛をするのもおすすめです。前述した通り、カミソリでムダ毛処理をすると毛だけでなく角質層も削ってしまいます。ムダ毛が気になって頻繁に自己処理をしていると、次の自己処理までに角質層が回復せず、バリア機能が低下している期間が長くなってしまいます。

そこで、脱毛をすればムダ毛の自己処理が不要になり、肌のダメージを抑えやすくなります。脱毛は1回受けただけでは効果を実感しにくいですが、回数を重ねることで徐々に毛の量は減っていきます。

毛の量が減っていくことで自己処理の負担が小さくなり、効果を実感しやすくなります。定期的に行っている自己処理が減れば、肌に与えるダメージが少なくなるため乾燥肌の予防になります。

肌が乾燥する原因を押さえて対策しよう

肌が乾燥する原因を押さえて対策しよう

肌が乾燥する要因は多くあり、普段の生活の中で意識しなければ乾燥肌になりやすいです。空気の乾燥や紫外線などは、季節に関係するものなので防ぐことは難しいですが、加湿器や日焼け止めなどを使うことで対策はできます。

日々の生活の中では、カミソリを使ったムダ毛処理も乾燥肌になる原因です。肌をキレイな状態に保つためにも、ムダ毛を脱毛して自己処理の負担を軽減するのがおすすめです。

空席確認・予約する

このページのTOPへ