デリケートゾーンのケア方法とは?適切にケアして快適に過ごそう

デリケートゾーンは身体の中でも繊細な部位であり、少しの刺激が肌トラブルに繋がります。アンダーヘアのムダ毛処理だけでなく、普段身体を洗うときにも注意が必要です。適切なケア方法を押さえておけば、安心して過ごせるようになります。

そこでこのページでは、デリケートゾーンのケア方法についてご紹介します。

デリケートゾーンのケアは注意が必要

1.jpg

デリケートゾーンは名前の通り、身体の中でも「デリケート」な部位であるため、肌トラブルが起こりやすいです。清潔でキレイに保つためには、適切にケアしなければなりません。

ここからは、デリケートゾーンのケアに注意が必要な理由を解説します。

他の部位よりも刺激に弱い

デリケートゾーンは他の身体の部位と比較すると、「皮膚が薄い」「乾燥しやすい」「刺激に弱い」場所です。また、顔や身体はpH値が比較的中性(pH4.5~6前後)であるのに対して、デリケートゾーンはやや弱酸性のpH値(pH4前後)になっています。そのため、一般的なボディソープなどでケアをすると刺激で肌荒れになる可能性があります。

また、下着などを身につけている時間が長いため、摩擦による刺激も避けられません。アンダーヘアが長く伸びていると蒸れやすくなるため、かゆみも起きやすいです。

不衛生になりやすい

デリケートゾーンは他の身体の部位よりも複雑な形状をしており、アンダーヘアもあるため排泄物・汗・皮脂・経血などさまざまなものが溜まりやすいです。例えば、アンダーヘアが伸びているとしっかりと拭いたつもりでも、排泄物などが付着しやすくなります。

デリケートゾーンは刺激に弱いため、不衛生になることでかゆみなどが発生しやすいです。また、細菌による感染症や炎症などにも注意しなければなりません。

デリケートゾーンのケア方法とは?

2.jpg

前述の通り、デリケートゾーンは正しい方法でケアする必要があります。キレイにしているつもりでも、実は肌に大きな負担がかかっていることも少なくありません。

ここからは、デリケートゾーンの適切なケア方法をご紹介します。

専用ソープで優しく洗う

デリケートゾーンを洗うときは、専用のソープを使うことをおすすめします。デリケートゾーンは弱酸性であるため、アルカリ性である一般的なボディソープを使うと肌に負担がかかってしまいます。

デリケートゾーンは老廃物などの汚れが溜まりやすい場所であるため、しっかりと洗わなければなりません。しかし、ゴシゴシ洗ってしまうと肌が荒れてしまう原因になるため注意してください。

しっかり保湿することも大切

デリケートゾーンは他の部位よりも乾燥しやすいため、しっかりと保湿することが大切です。乾燥すると肌を守るためのバリア機能が低下してしまうため、少しの刺激でも肌トラブルが起きやすくなります。お風呂後は潤いを保つ皮脂が流れており乾燥しやすいため、丁寧に保湿してください。

また、下着などによる摩擦で刺激が加わり続けると、黒ずみになりやすいです。そこで肌を保湿して潤いを保つことで、肌のコンディションを正常に保てるようになり、黒ずみも含め肌トラブルを防ぎやすくなります。

ケアしている人は全体の52%

グラフ1.jpg

女性100人に調査を行ったところ、デリケートゾーンに悩みを抱えている方は全体の80%で、実際にケアしている方は52%でした。ケアしていない方の回答には「何をすれば良いか分からない」「やり過ぎると肌荒れしてしまう」という意見が目立ちます。

ケアしている方の中で最も多いケア方法は「専用ソープ」、次が「脱毛」でした。できるだけ肌に優しい方法で痒みや蒸れを抑えたい、という意見が多いです。
グラフ2.jpg
・優しく洗ってケアするのが基本だと思い、丁寧に泡立てて洗っています。(40代/女性/神奈川県)
・良い香りがする石鹸を使って、入浴時にはよく洗っています。気になる箇所の丁寧な洗浄は臭い落としの基本だと思います。(30代/女性/山梨県)
・普通のボディソープを使用すると自己処理した肌や入り口近くが痛むので、専用ソープを使って優しく手入れしています。(20代/女性/福井県)
・保湿を含め、軟膏などかゆみ止めを毎日のように使ってケアしています。(50代/女性/福岡県)

■調査期間:2021年12月17日(金)
■調査方法:インターネット調査
■調査人数:100人
■調査対象:全国20代~40代の女性

デリケートゾーンをケアするときのポイント

5.jpg

デリケートゾーンをケアするときのポイントを押さえておけば、肌トラブルを抑えやすくなります。ここからは、デリケートゾーンをケアするときに押さえておきたいポイントをご紹介します。

ムダ毛処理はダメージを与えないように注意する

ムダ毛処理をするときにカミソリを使うと、肌を傷つけてしまうリスクがあります。Iラインは粘膜部分を傷つける可能性が高くなるため、より注意しなければなりません。アンダーヘアが伸びているときは、あらかじめハサミでカットするなど肌に負担をかけないようにしてください。

シェービングをするときは、刃が肌に当たらない電気シェーバーを使うのがおすすめです。ムダ毛処理をした後は少なからず肌はダメージを受けているため、保湿する必要もあります。

骨盤周辺を温めるのもおすすめ

デリケートゾーンや骨盤周辺は臓器が集中しており、血行不良になると肌トラブルだけでなくさまざまな不調を引き起こす原因になります。この部分が冷えることで生理痛の原因になったり、痛みが強くなったりすることが多いです。

そこで骨盤周辺を温めることで、血行が良くなり不調の改善に繋がります。普段の生活からデリケートゾーンや骨盤周辺が冷えないよう、温めるようにするのがおすすめです。

空席確認・予約する

アンダーヘアが気になるなら脱毛がおすすめ

6.jpg

アンダーヘアのムダ毛処理はデリケートゾーンにダメージを与える原因になるため、気になる方は脱毛するのがおすすめです。ここからは、アンダーヘアを脱毛するメリットをご紹介します。

蒸れやニオイを軽減できる

アンダーヘアは他の部位よりも毛が太く濃く密集しており、下着などを身につけている時間が長いため蒸れやすいです。デリケートゾーンの蒸れはかゆみや肌トラブルに繋がります。

また、デリケートゾーンが蒸れていると嫌なニオイの原因になる雑菌も増えやすいです。そこで、脱毛してアンダーヘアのボリュームを抑えたり、ハイジニーナのようにツルツルにすることで悩みを解消しやすくなります。

ムダ毛を気にせずにすむ

アンダーヘアのお手入れには手間がかかり、水着や下着姿になったときにはみ出してしまう可能性があるため、不安になる方は少なくありません。そこで、脱毛すると徐々にムダ毛の量が減っていき、同時にムダ毛の自己処理の回数も少なくなっていきます。

普段のムダ毛処理の手間から解放されるだけでなく、ムダ毛がはみ出てしまう心配もなくなるので、快適に過ごしやすくなります

自己処理の手間が減る

アンダーヘアをカミソリなどで自己処理すると一時的にキレイになりますが、しばらくするとまた生えてきてしまいます。そのため、ムダ毛が気になって頻繁に自己処理をする方は多いです。しかし、短期間に何度も自己処理をすると、黒ずみや乾燥などの肌トラブルに繋がります。

そこでアンダーヘアを脱毛すれば、面倒に感じるムダ毛処理の手間が軽くなります。ハイジニーナにすればお手入れの必要はほとんどなくなり、ボリュームを減らすだけでも、自己処理の手間は大幅に少なくなるのでおすすめです。

デリケートゾーンをしっかりケアしよう

7.jpg

デリケートゾーンは皮膚が薄く乾燥しやすいだけでなく、一日中下着をつけているため摩擦による影響も受けてしまいます。肌に合わないボディソープを使ったり、誤ったケア方法を続けていると肌トラブルを招くため注意が必要です。

デリケートゾーンのケア方法を押さえておけば、キレイな状態を保ちやすくなります。また、ムダ毛処理の手間が気になる方は、脱毛することでより快適に過ごしやすくなるのでおすすめです。

空席確認・予約する

このページのTOPへ