医療レーザー脱毛とは?特徴やメリット、美容脱毛との違いを紹介

脱毛サロンやクリニックでのお手入れを検討するときに、脱毛方法で悩む方は多いはずです。このページでは、脱毛方法の1つであるレーザー脱毛について、さまざまな点を解説していきます。

レーザー脱毛のメリットや光脱毛との違い、レーザー脱毛はどのような人におすすめなのかなどをご紹介します。ぜひ、「レーザー脱毛が気になっているけれど不安に感じている」という方は、チェックしてみてください。

医療レーザー脱毛とは?

1.jpg

脱毛する方法には大きく分けて脱毛機のライトを使う美容脱毛と、レーザーを使う医療脱毛があります。この2つの違いを押さえておくことで、自分に合った脱毛を選べます。

ここからは、医療レーザー脱毛についてご紹介します。

永久脱毛などに使われる脱毛方法

医療レーザー脱毛とは、永久脱毛に使われる脱毛方法です。脱毛サロンで行われる美容脱毛の場合、出力が弱いライトを使うためムダ毛を生えにくくすることは可能ですが、永久脱毛を受けることはできません

永久脱毛を受ける場合は、医療機関であるクリニックなどにある専用のレーザー脱毛機を使う必要があります。もしムダ毛が生えてこなくなる永久脱毛を希望するのであれば、医療レーザー脱毛がおすすめです。

毛の黒色(メラニン)に反応する

この医療レーザー脱毛は、毛(毛根)にレーザーを当て黒色のメラニン色素に反応させます。このレーザーが黒色に反応することで熱に変わり、この熱が毛を生やす細胞を破壊し脱毛できる仕組みです

このレーザーは毛の黒色のみに反応するので、肌や周辺の細胞を直接傷つける心配はありません。毛穴の奥にある毛を生やす細胞を破壊することで、新たな毛が生えなくなります

出力が高いため医療機関でしか行えない

この医療レーザー脱毛は、美容脱毛よりも出力が強いレーザーを使います。そのため、このレーザーを使った脱毛のお手入れは「医療行為」に該当するため、医療機関でしか行えません

つまり、医療脱毛は脱毛サロンではなく、脱毛クリニックや皮膚科などでしか受けられないのです。脱毛サロンに比べて医療脱毛を受けられるクリニックの数は少ないですが、脱毛効果の高さは最大の魅力です。

レーザー脱毛のメリットを紹介

2.jpg

まずは、レーザー脱毛のメリットをご紹介していきます。それぞれのメリットが自分の希望に合っているか、チェックしてみてください。

毛を生やすもとを破壊するため効果が高い

レーザー脱毛は、毛穴の奥にある毛根部分の毛を生やすもとを破壊する出力があるため、その後生えにくくするための効果が高いといわれています。

効果が高い分、痛みを強く感じやすいのがデメリットとして挙げられますが、「痛みがあっても、とにかくムダ毛をできるだけなくしたい」という方に人気です。一度脱毛が完了すれば、その後は毛が生えづらくなるのが嬉しいポイントです。

美容脱毛であれば毛を生やすもとまでは破壊できません。そのため、永久脱毛をしたい方は医療レーザー脱毛がおすすめです

出力が強いためスピーディーに完了

レーザーは出力が強いので、通う回数も少なく高い効果を発揮できるのが魅力です。忙しくて頻繁に脱毛に通えない方にとっては、たくさん通わなくて済むのは大きなメリットといえます。ただし、医療脱毛でも毛周期に合わせてお手入れをするので、何回か通う必要があります。

また、一般的にレーザー脱毛は料金が高いイメージがありますが、通う回数が少ない分トータルコストはそれほどかからないのも魅力です。急ぎで脱毛を完了したい方や忙しくてお手入れを受ける時間を確保しにくい方は、脱毛サロンの美容脱毛よりも適しています。

医師や看護師が常駐していて安心

レーザー脱毛は医療機関で行うため、万が一肌にトラブルなどが起きた際、常駐している医師や看護師にすぐに対応してもらえるので安心です。例えば、肌が弱く肌トラブルの不安がある方は、クリニックのほうがより安心して通えます。医療脱毛は美容脱毛よりも出力が強く痛みを感じやすいですが、医者や看護師がいる安心感は魅力です。

肌のトラブルをしっかりと確認してもらいながら脱毛をしたいという方には、クリニックでのレーザー脱毛が向いているかもしれません。トラブルに対して適切な薬剤を処方してもらえるのも、クリニックならではのメリットです。

光脱毛との違いは?

3.jpg

続いては、レーザー脱毛と光脱毛との違いを解説していきます。比較するポイントとなるのは「効果の高さ」と「痛みの強さ」。一口に脱毛といっても違う点が多いので、どちらを選ぶのが向いているのか考えながらチェックしてみてください。

脱毛1回での効果はレーザーのほうが高い

毛を生やすもとにダメージを与えて減毛効果を発揮するのが光脱毛。それに対してレーザー脱毛は毛を生やすもとを破壊するので効果の高さが違います。

1回通うだけで高い効果を発揮できるのが、レーザー脱毛が光脱毛より優れている点です。そのため、少ない回数のお手入れで徐々に毛が薄くなるなど効果を実感しやすいです。完全に脱毛できていなくても、毛が薄くなれば自己処理の手間が減り楽になります。また、永久脱毛できる点も大きなメリットです。

脱毛をする上で、高い効果を重視する場合はレーザー脱毛をおすすめします。

完了するまでの回数や期間

光脱毛のライトの効果と、レーザー脱毛のレーザーの効果では強さが違うため、完了までの回数や期間も変わってきます。1度のお手入れで高い効果を発揮するレーザー脱毛なら、全身脱毛が5〜8回程度で終了するのが一般的です。

しかし、光脱毛は12〜18回程度通うことでやっと終了することができるといわれています。美容脱毛の場合、気軽に通えますが、効果を実感するまでに時間がかかるのがデメリットです。

時間をかけずに脱毛を終わらせたいなら、レーザー脱毛がおすすめです。また、脱毛の料金は1回の費用と脱毛を受ける回数によって決まるので、脱毛の回数をチェックすることも大切です。

レーザーのほうが痛みを感じやすい

出力の強さは痛みに比例するため、光脱毛とレーザー脱毛の痛みを比較すると、レーザー脱毛のほうが痛いと感じる方が多いです。皮膚に直接作用するわけではありませんが、出力が強いレーザーの場合、毛根の黒い色素と強く反応することで大きな熱が生まれ痛みを感じます。脱毛のお手入れで痛みが強いと通うのが億劫になり、続けにくくなってしまうので要注意です。

痛みに弱い方や、痛みを感じやすいVIOなど皮膚の薄い場所を脱毛したい方は、長く通ってでも光脱毛を選ぶことを検討してみるのが良いです。ただ、クリニックによっては麻酔をしてからお手入れしてもらえることもあるため、痛みが気になる場合は事前に相談してみてください。

料金は光脱毛のほうが安い

医療レーザー脱毛は1回あたりの脱毛料金が高いのが特徴です。これは、クリニックなどの医療機関の場合だと、出力が強い脱毛機を使うだけでなく初診料や投薬代などがかかるためです。ただし、医師や看護師がいる分、肌トラブルが起きても迅速に対応してくれます。

光脱毛の場合、肌への負担が小さく1回あたりの料金が安いのが特徴です。ただし、光脱毛でもお手入れを受ける回数が多くなると、レーザー脱毛よりも高額になる場合があるので注意が必要です

光脱毛の仕組みは?レーザー脱毛との違いや料金について紹介

空席確認・予約する

レーザー脱毛はどんな人におすすめ?

4.jpg

ここからは、レーザー脱毛が向いている方をご紹介していきます。以下の項目に当てはまる方は、レーザー脱毛が向いているかもしれません。

脱毛の期間や回数は短いほうがいいと思う人

脱毛クリニックに通う回数や期間をなるべく短くしたい人は、レーザー脱毛を選ぶのがおすすめです。光脱毛との違いでもまとめた通り、レーザー脱毛は1〜2年で高い効果を得られるのに対して、光脱毛は脱毛機により異なりますが、2〜3年かかってしまうこともあります。

全身脱毛のようにお手入れする範囲が広くても短い期間で終わるので、さらに脱毛範囲を絞ることで、より回数は少なくなります。例えば、夏に向けて脚や背中などを脱毛したい場合は、数カ月で脱毛が完了します。

また、早く終わるうえに減毛の効果も高いのがレーザー脱毛の嬉しいところです。短い期間で終わることで、1回の料金は高くてもトータル金額が安く済むのもポイントです

脱毛は毛周期に合わせて行う必要があるので注意

レーザー脱毛の脱毛効果は高いですが、1回のお手入れで全部の毛を脱毛できるわけではありません。脱毛は毛の生え変わりのサイクルである「毛周期」に合わせて行う必要があるからです。

お手入れは毛周期の中でも「成長期」に行う必要があり、この成長期の毛は全体の20%ほどといわれています。そのため、レーザー脱毛であったとしても一通りのお手入れが終わるまでに数回通う必要があるのです

永久脱毛の効果を得たい人

脱毛に通うことで、永久脱毛の効果を得て長期間ツルツルな状態をキープしたいという人にも、レーザー脱毛をおすすめします。永久脱毛は、最後の脱毛から毛が再生される確率が20%以下であることや、3回の脱毛後、6カ月が経過したところで毛が2/3以上減ったことが定義とされています。

光脱毛では毛のもとがダメージを受けるだけなので、いずれ生えてきてしまう場合もあります。そのため、ムダ毛がなくツルツルとした状態をキープするためには、また脱毛のお手入れを受けなければなりません。

レーザー脱毛は毛を生やす細胞を破壊するため、より高い脱毛効果を得やすいのです。永久脱毛をすれば、自己処理の手間が大幅に減るのでおすすめです。

医師に診察をしてもらいたい人

肌トラブルが起こりやすい方や、安心できる環境で脱毛をしてもらいたいと考える方は、医師や看護師が常駐しているクリニックでのレーザー脱毛のほうが向いています

基本的に、サロンでの光脱毛のあとのお手入れは、各サロンの保湿剤などで保湿をするのが一般的ですが、クリニックなら皮膚炎を発症してしまってもすぐに薬剤を処方してもらえるので安心です。

もともと肌が敏感など、医師に相談をしながら脱毛を進めたい方は、レーザー脱毛がおすすめです。過去に脱毛サロンのお手入れで肌トラブルを経験した方や、自己処理で肌荒れする方など、肌が弱い方であれば万が一のことを考えて医療脱毛を受けるのがおすすめです

レーザー脱毛はどこの部位でもお手入れ可能?

5.jpg

効果が高く、永久脱毛効果も期待できるレーザー脱毛ですが、身体中どこでもお手入れが可能なのか気になります。レーザー脱毛ができる部位とあわせて、注意しなくてはいけないことを解説していきます。

毛髪や粘膜面、眼球以外はお手入れ可能

レーザーが照射できない部位は、毛髪や粘膜面、眼球の周辺や眉下などです。それ以外は、レーザーでのお手入れが可能となっています。ただし、光脱毛も同じですが、痛みを感じやすい場所と感じくい場所はそれぞれです。

皮膚の薄い場所やムダ毛の太いところは痛みを強く感じやすく、腕など比較的ムダ毛の薄い場所は痛みを感じにくいです。痛みを感じやすい場所は、レーザーだとより痛みを感じやすいということを覚えておいてください

色素沈着していたり、ほくろがあったりするとできないことも

また、お手入れ可能な部位だとしても、色素沈着があったりほくろがあったりすると、お手入れができないこともあるので注意が必要です。基本的にレーザーは黒い部分に反応するため、ほくろなどの色によっては、レーザーが当たることで反応してしまいます。

ただ、色が薄いと対応してもらえることもあるため、確認してもらってからお手入れを受けてください。

他にも、レーザー脱毛にはいくつかの副作用が起こる可能性があります。副作用といっても重篤な病気を引き起こすものではありません。レーザー脱毛は出力が強いため、高い熱を持ちやすく結果として肌がやけどする可能性があります。

他にも、毛穴の奥に細菌が入ることで炎症が起きる「毛嚢炎」や、以前よりも毛が濃く太くなる「硬毛化」などが起こることもあります。このような副作用が起きないようにするためにも、肌を保湿し状態を整えることが大切です。

レーザー脱毛には副作用がある?理由と対処方法を説明

効果が高いレーザー脱毛を検討してみよう

6.jpg

レーザー脱毛はクリニックや皮膚科などでしか受けられませんが、出力が強いため脱毛の効果が高く、短い期間で脱毛のお手入れが完了します

他にも、永久脱毛の効果を得るためには美容脱毛でなく、医療脱毛を受けなければなりません。高い効果を発揮して、少ない回数でもしっかりと結果を感じたいという方には、レーザー脱毛がとてもおすすめです。他にも医師や看護師に対応してもらえるので、肌が弱い方でも安心です。

ただし、レーザー脱毛の場合、痛みを感じやすかったり1回あたりの料金が高いなどのデメリットもあるので注意が必要です。サロンでの光脱毛にももちろん魅力があるので、どちらのほうが自分の希望に合っているのかを検討しながら、選んでみてください。

空席確認・予約する

このページのTOPへ