脱毛すると肌荒れになる?肌トラブルになる原因と対処法を紹介|美容脱毛サロン【ミュゼプラチナム】

気になるムダ毛は脱毛するのがおすすめですが、脱毛の方法によっては肌荒れになる可能性があるので注意が必要です。脱毛するときは適切な方法を押さえて実践することが大切です。

そこで今回は、脱毛したときに肌荒れになるかどうかをご紹介します。

脱毛で肌荒れが起きる原因は?

1.jpg

脱毛は長期的に考えると肌に良いですが、脱毛方法によっては肌にダメージを与えてしまい、肌荒れが起きる原因になってしまいます。

ここからは、脱毛で肌荒れが起きる原因をご紹介します。

毛抜きで処理をしている

最も手軽に脱毛する方法である毛抜きは、肌へのダメージが大きくなりやすいので注意が必要です。毛抜きを使うとムダ毛を無理矢理引っ張って抜くため、痛みを感じやすいです。痛みがあるということは、その時点で肌はダメージを受けていることになります。

また、毛抜きを使うと毛穴が閉じてしまい成長した毛が表面に出てこれない「埋没毛」になったり、雑菌が入って炎症する「毛嚢炎」になるリスクがあります。

カミソリで処理をしている

カミソリを使ってムダ毛を自己処理するときは、石鹸やシェービング剤を十分に使って摩擦を少なくする必要があります。シェービング剤が不十分だったり、肌が乾いたりしている状態でムダ毛を剃ると、肌の表面を傷つけてしまいます。

肌の表面の角質層を削ってしまうことで肌を保護する機能が損なわれてしまい、肌荒れを起こしやすくなります。他にも頻繁にカミソリを使うことで、肌を傷つけたり刺激によって色素沈着を起こしたりする可能性があります。

除毛クリーム・ワックスで処理をしている

除毛クリームはムダ毛を溶かす成分が含まれたクリームを塗ることで自己処理する方法です。この除毛クリームに含まれる成分はたんぱく質を溶かす役割があるため、肌にもダメージを与えてしまいます。肌が弱い方だとヒリヒリしたり肌荒れの原因になってしまいます。

ワックスは肌に塗って固めたワックスを一気に剥がすことで脱毛する方法です。一度に多くのムダ毛を抜くことができますが、痛みが大きく肌表面も引っ張られるため刺激が強いです。

脱毛サロンで脱毛するメリット

2.jpg

自宅など自分で脱毛する方法はデメリットが大きいですが、脱毛サロンであれば安全で確実に脱毛できます。

ここからは、脱毛サロンで脱毛するメリットをご紹介します。

自己処理によるダメージを防げる

先程、説明した自己処理の方法は少なからず肌にダメージを与えてしまうため、肌荒れのリスクがあります。自己処理の頻度が多くなれば、その分肌が受けるダメージも大きくなってしまいます。

脱毛サロンでは自己処理のような肌に与える刺激が大きい方法ではなく、脱毛機によるライトによるアプローチなので、比較的肌に優しいです。また、脱毛すると自己処理の手間が減るので、肌が受けるダメージを小さくできるのもメリットです。

脱毛により肌のコンディションが良くなる

脱毛により自己処理が減ることで、肌のコンディションを良好な状態で保ちやすくなります。例えば、カミソリを使った自己処理の場合、角質層が削れることで乾燥しやすくなります。

脱毛することで肌のダメージを軽減でき、さらに毛穴が引き締まることで肌に良い効果が期待できます。脱毛することで肌荒れのリスクが小さくなるだけでなく、脱毛部位をキレイに保ちやすくなります。

保湿の効果が高まる

肌の状態を良好に保つためには、十分に保湿する必要があります。脱毛をしてムダ毛や産毛がなくなると、化粧水や保湿クリームなどの保湿成分が肌に浸透しやすくなります。今までと同じ保湿ケアをしていても、保湿の効果は高まるのでさらに肌を良い状態で保ちやすくなります。

ムダ毛が気になる部位で乾燥に困っている方も脱毛サロンで脱毛するのがおすすめです。

空席確認・予約する


脱毛サロンでも肌トラブルになる原因がある?

3.jpg

脱毛サロンは安全に十分注意してお手入れを行っていますが、場合によっては肌荒れなどの肌トラブルになる可能性があります。安心して脱毛するためにも、どのような原因で肌トラブルになるか押さえておくことが大切です。

ここからは脱毛サロンで肌トラブルに繋がる原因を紹介します。

レーザーによる熱で赤くなる

脱毛するときは、脱毛機のライトを照射して毛根にある毛母細胞の働きを弱めます。クリニックなどで受ける医療脱毛は「レーザー脱毛」と呼ばれ、脱毛サロンよりも出力が強いのが特徴です。

出力が強い分、効果を実感しやすいですが、肌が弱い方だとレーザーの熱で肌が赤くなってしまうこともあります。医療脱毛の場合は、医療機関なのでその場で診察を受けられることもあります。

脱毛サロンでも熱で赤くなることがあるので、肌が弱かったり不安がある場合は事前にお手入れの担当者に相談するのがおすすめです。

炎症に伴う症状や肌トラブル

脱毛のお手入れでライトやレーザーを当てた後の肌は、熱を持って火照っています。そのため、普段よりもデリケートになります。その状態で放置していると乾燥してしまうなど、肌トラブルに繋がる可能性があります。

しかし、ストレスなどで肌のバリア機能が低下していると、炎症が治まりにくくアレルゲンなどの影響でかゆみが起こる可能性もあります。他にも、炎症に伴い色素沈着が起こる場合もあります。

炎症が起こりやすい部位

脱毛によって炎症が起きやすい部位はある程度決まっています。その部位の脱毛を受けるときは注意が必要です。

・VIO

VIO毛が濃いため脱毛機のライトが反応しやすいです。また、皮膚が薄いため強く反応したライトにより痛みを感じやすく、炎症も起きやすいです。デリケートゾーンの毛の量が多いと、ライトの熱が強く反応することがあります。

・顔

顔も他の身体の部位と比較すると皮膚が薄いため、濃いムダ毛を脱毛するときに炎症を起こしやすいです。

・脇

脇も毛が濃く皮膚が薄い場所です。汗腺や神経などが集中している場所なので、炎症が起きやすいため注意が必要です。

肌に赤みが出たときの対処法

脱毛後に肌に赤みが出たときは、まず炎症を抑えるためによく冷やすようにします。冷やすことで炎症を抑えることができ、症状を短期間で抑えやすくなります。また、炎症が起きているということは、肌がダメージを受けているため十分に保湿をして肌のバリア機能が正常に働くようにします。他にも軟膏を塗ることで回復を早められます。

他にも、炎症が悪化しないように激しい運動や飲酒は控えることが大切です。炎症が悪化してしまった場合は、早い段階で皮膚科にご相談するのがおすすめです。

脱毛サロンで脱毛して肌トラブルを抑えよう

4.jpg

ムダ毛を脱毛すると、脱毛方法によって肌荒れが起きる可能性があります。毛抜き・カミソリによる自己処理・除毛クリームやワックスによる脱毛は、肌に与えるダメージが大きいので、肌トラブルが起きる可能性が高いです。

そこで脱毛サロンのお手入れであれば、肌トラブルに繋がるリスクが小さく、安全で確実に脱毛を行えます。肌トラブルのリスクを回避しながら適切に脱毛するためにも、是非脱毛サロンを活用してみてください。もし脱毛サロンでのお手入れ後に赤みが出る場合はすぐに冷やしたり、保湿したりなどのケアが必要です。

空席確認・予約する

部位ごとの脱毛コラム

部位ごとの脱毛について詳しく知りたい方は、以下より気になる部位をクリックしてご確認ください。

このページのTOPへ