脇の自己処理と黒ずみには要注意。脱毛のメリットを知ってキレイな脇に

脇のムダ毛とあわせて気にしている方が多いのが、脇の黒ずみです。せっかくムダ毛のお手入れをしても、黒ずんでいるとキレイには見えず、残念に思っている方は多いかもしれません。

脇毛の自己処理にはデメリットがあり、黒ずみだけでなくさまざまな肌トラブルの原因になることもあるため、注意が必要です。

こちらのページでは、脇の黒ずみができる原因や対処法、脱毛サロンでのお手入れがおすすめな理由などを詳しく解説していきます。

脇毛を自己処理するデメリット

1.jpg

脇毛は薄着の季節に腕を上げたときなどに気になりやすく、自己処理を頻繁に行っていると肌にダメージを与えてしまいます。自己処理は「抜く」「剃る」が一般的な方法ですが、それぞれデメリットがあります。

毛抜きで脇のムダ毛を抜く方法の主なデメリットは、痛みが大きいことです。毛根から無理矢理引き抜くため痛みを感じやすく、毛穴を傷つけて炎症が起こる可能性が高くなります。お手入れするムダ毛の本数が多ければ、その分痛みを感じる回数は多くなります。

ムダ毛を剃る方法は、カミソリの刃でムダ毛だけでなく肌の表面まで削ってしまいます。短期間に何回もカミソリで脇を剃ることが、肌荒れの原因になることが多いです

以下では、脇毛を自己処理すると起こる可能性がある肌トラブルについて、さらに詳しくご説明します。

黒ずみ以外にもある、自己処理による肌トラブル

自己処理後に起きることがある肌トラブルの例を挙げていきます。ひとつめは「毛嚢炎(もうのうえん)/毛包炎(もうほうえん)」です

毛穴の奥には毛の根元を包む「毛包(毛嚢)」というものがあります。ムダ毛処理をしたときにキズができると、この毛包に細菌が感染して炎症を起こす場合があります。

毛嚢炎の症状としては、赤く腫れて熱を持ったり、膿が溜まったりして、痛みが出ることもあります。

ふたつめは「埋没毛(まいぼつもう)」です。毛穴の周りの皮膚が自己処理によって傷つくと、角質層が厚くなってふさがり、新しく生えた毛が外に出てこられなくなることがあります。「埋もれ毛」とも呼ばれます。

毛が外に出てこないため、埋もれた毛がうっすらと透けてブツブツと黒く見えてしまったり、触ったときにざらついたりと、見た目も感触もよくありません。

脇の黒ずみができてしまう原因は?

2.jpg

まず、脇の黒ずみの原因を解説していきます。間違った方法によるお手入れで脇を傷めつけてしまうと、黒ずみがいつまでも解消されないので注意が必要です。脇の皮膚は弱く傷つきやすいため、原因を知って丁寧にお手入れしてみてください。

間違ったムダ毛の自己処理

脇は間違った自己処理をしてしまうと、色素沈着を起こして黒ずみが発生してしまいます

黒ずみが起こりやすい自己処理は、毛抜きやカミソリを使った方法です。毛抜きは毛穴に炎症が起こるリスクが高く、カミソリは皮膚まで削ってしまうため肌を傷めてしまいます。

このように脇の皮膚に強い刺激や摩擦を与えると、皮膚の色素が落ちにくくなり、やがて黒ずんでいきます。脇に摩擦を与えることでも黒ずんでしまうため、できるだけ刺激を与えないようにすることが大切です

黒ずみが起こりにくい自己処理には、電気シェーバーを使用したりハサミでカットする方法があります。

自己処理後に少し生えたムダ毛が黒ずみの原因に

電気シェーバーは刃が直接肌に当たらないため、自己処理の中では最も黒ずみを抑制できる方法ですが、電気シェーバーを使っていても黒ずみが発生することはあります。それは、自己処理をしてから数日後のチクチクと生えはじめた毛が、脇を傷つけていることが原因です

チクチクとした毛が生えている状態で腕を動かしていると、脇と擦れて肌が刺激を感じ、黒ずみが発生しやすくなります。この場合、カミソリを使ったときのような強い摩擦ではありませんが、日常生活の中で擦れる回数が多くなってしまうので黒ずみやすくなります

また、窮屈な下着や洋服を着ることも、擦れて黒ずみの原因となります。

制汗剤の使用が肌ダメージを悪化させることも

脇の自己処理をした後、ニオイが気になるからといって制汗剤やデオドラントスプレーを使うことも、さらに黒ずみを悪化させる恐れがあるので注意が必要です

どのようなお手入れをしても、少なからず脇はダメージを受けています。そのような時に制汗剤を多用してしまうと肌を傷める原因になります。

また、制汗剤を頻繁に使っていると含まれている成分が毛穴を詰まらせてしまう恐れがあります。脇の毛穴が詰まってしまうと脇の皮膚の環境が悪化してしまい、さらにニオイがきつくなることがあります。そこに、また制汗剤を使うとダメージが大きくなってしまいます。

脇の皮脂を取りすぎるのも良くない

脇の黒ずみができる原因の1つとして、皮脂や古い角質などの汚れが落ちきらず、毛穴にそれらが詰まり酸化することで黒ずむことがあります

通常であれば肌のターンオーバーによって体外に排出されますが、ターンオーバーのリズムが乱れていると皮脂や角質が排出されにくくなります。

汚れが酸化して黒ずみになるのですが、だからといってむやみやたらと皮脂を取りすぎるのも肌にとっては良くありません。皮脂は適量であれば身体を守るバリアの役割があります。しかし、適度な皮脂がないと肌が乾燥しすぎてしまい、それもまた黒ずみの原因となります

肌は乾燥するとバリア機能が損なわれてしまい、肌の環境が悪化してしまいます。また、必要以上に皮脂を落とすと、それを補おうとして過剰に皮脂を分泌してしまいます。そうすると、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。

汚れや皮脂は優しく落として、お風呂上がりにはしっかりと保湿をすることが大切です。

メラニンによる色素沈着

脇の黒ずみはメラニンによる色素沈着によって起こる場合もあります。メラニンは日焼けをしたときに身体を守るための色素であり、黒・茶色をしています。日焼け以外にも、肌への刺激、ニキビや虫刺されなどの炎症もメラニン色素が生成される原因です。

普段の生活の中で生成されるものは、時間が経てば薄くなるものの、メラニン色素が過剰に作られると黒い色素が蓄積して黒ずみになってしまいます。脇の皮膚は薄く弱いため、身体の防御反応が出やすく、メラニンが過剰に作られやすいです。

肌のターンオーバーが正常に働いていれば、発生したメラニンは代謝により排出されますが、代謝のバランスが崩れると上手く排出されず色素沈着してしまいます

脇の黒ずみを改善するための対策

3.jpg

それでは、脇の黒ずみがすでに気になっている方はどうしたらいいのか、対策をご紹介していきます。

自己処理方法を見直す

前述した通り、毛抜きやカミソリでの自己処理は負担が大きく、黒ずみの原因になります。そのため、自己処理をする場合は電気シェーバーを取り入れてみたり、カミソリを使うのならしっかりとシェービングクリームを塗ってから優しく剃るなど、方法を変えてみてください。

例えばカミソリを使う場合、蒸しタオルなどを使ってお手入れ箇所を十分に湿らせれば、ムダ毛が柔らかくなり、カミソリの刃が入りやすくなります。なるべく毛・肌との摩擦が生まれないように工夫することが大切です。

お風呂場で自己処理をする方は多いかもしれませんが、雑菌が多い場所のため、肌荒れしやすくなるのでおすすめはできません。お風呂上がりの水分を含んだ毛は柔らかく剃りやすいため、お風呂から上がってからお手入れするのがおすすめです。

また、自己処理後は乾燥しやすいため、化粧水などを使い、しっかり保湿するようにしてください。

脱毛サロンでのお手入れも検討する

自己処理をしていると、どうしても肌への負担は避けられません。それに、生えかけのチクチクとした毛で肌を傷めてしまう心配もあります。そこで、脱毛サロンに通って脱毛をするのもおすすめです

プロのスタッフの手でしっかりとケアしながら脱毛をしてもらえるため、毛が生えづらくなり、生えかけのチクチクとした毛で柔らかい脇の皮膚を傷つけることが減ります。結果として黒ずみ改善に繋がります。

脱毛を継続していれば徐々にムダ毛は薄くなっていくため、自己処理の手間や負担を軽くできます。つまり、脇の皮膚に与えるダメージが軽くなるので、黒ずみができる原因を防ぎやすくなるのです。

毛穴汚れなどをしっかり落とす

脇の黒ずみは汚れや皮脂、古い角質が原因になっていることもあるため、普段から清潔な状態を保つ必要があります。そのため、毛穴の汚れや古い角質が残らないように、しっかりと洗うことが大切です。皮脂や角質が残ったまま酸化すると、それが黒ずみになってしまうので優しくキレイに洗い流してください。

ただし、しっかりと洗いたいからといって、洗浄力が高すぎるボディーソープなどを使用したり、ゴシゴシと洗ったりしてはいけません。ゴシゴシと洗うと摩擦が起こり、かえって黒ずみが悪化することもあります。なぜなら、摩擦が強い刺激になることでメラニン色素が発生することが多いからです。

肌に優しい成分のボディーソープや石鹸で、優しく洗いあげてしっかりと流すことが大切です。古い角質は硬くなり落ちにくくなるだけでなく、色素沈着や毛穴を塞いで埋没毛になるリスクも含んでいます。

もし古い角質が気になる場合は、多少摩擦は生じてしまうものの、スクラブを使い優しく擦ることで古い角質を取り除くことができます。

保湿をしっかりと行うことが大切

ムダ毛のお手入れをした後や入浴後は、肌が乾燥しやすいです。これは当然、脇も一緒です。脇の皮膚は薄く弱いため、保湿をしっかりとすることが黒ずみを改善するために大切です。

入浴後やカミソリによる自己処理後は、皮膚を守る皮脂(油分)が落ちてしまうため、肌のバリア機能が落ちています。そのため、肌を守るためにも入浴後と自己処理後はしっかりと保湿することを心掛けてください。

脇だけでなく、肌は乾燥することで肌を守る機能が低下して、黒ずみやすい環境を作ってしまいます。そこでしっかりと保湿することで、肌のバリア機能が高まり健やかな状態を保ちやすくなります。

ボディークリームやローションを使うのももちろん良いのですが、もっと本格的にケアするなら、脇の黒ずみ専用のクリームを使うのもおすすめです。美白成分が配合されているものであれば、個人差はありますが、比較的効果を実感しやすいと言われています。

ターンオーバーを正常に保てるように栄養を摂る

脇の黒ずみを改善するためには、肌の入れ替わりの代謝(ターンオーバー)によって古い肌をどんどん排出していくことが大切です。ターンオーバーが正常に働いていれば、黒い色素が作られても排出されるため、目立った黒ずみにはなりません。

しかし、脇を清潔に保ち保湿をするなどの対策を十分に行っていても、新しい肌が作られなければ意味がありません。ターンオーバーを正常に行えるようにするためには、肌を作る栄養素であるタンパク質やビタミン類、亜鉛などのミネラルを摂ることが大切です

ターンオーバーは睡眠とも深く関係しています。睡眠不足の状態だとターンオーバーが乱れやすいため、しっかりと睡眠を取ることも必要です。

空席確認・予約する

脇の保湿のためのおすすめアイテム

6.jpg

黒ずみを改善するための方法の1つに保湿があります。保湿するにもさまざまなアイテムがありますが、あまりにも乾燥や肌トラブルがひどい場合は、皮膚科で相談することを視野に入れるのがおすすめです。 

黒ずみ予防には市販の保湿クリームなどを

黒ずみを予防・改善するためには、しっかりと保湿をすることが大切なので、ひどくないうちは市販の保湿クリームを使ってみてください。全身に使えるローションやクリームでもよいですし、脇の黒ずみ専用の保湿クリームもおすすめです。

お風呂上りなどは肌が乾燥しやすいタイミングなので、化粧水などを使い保湿するようにしてください。肌が十分に水分を維持した状態であれば、肌環境が正常に保たれ、黒ずみもできにくくなります。

全身用でも美白効果のあるものなら、黒ずみにさらに効果を発揮してくれるかもしれません。保湿効果の高いもの、さらっとした使い心地のものなどさまざまな種類があるので、好みのものを選んでみてください

ミュゼプラチナムでも脇に使いやすい保湿アイテムを取り扱っているので、以下でご紹介します。

ミュゼのワキ用美容液「ホワイトクリア ワキセラム」

顔と同じくらい皮膚が薄くデリケートな脇を、すこやかに保つサポートをしてくれる美容液です。1本に150億個の乳酸菌を配合し、脇に存在する常在菌のバランスを整えて清潔に保ちます。

乾燥やキメの乱れから起きるくすみも優しくケアしてくれることにくわえ、ミネラル成分「シリカパウダー」によってサラッと快適な感触が続きます。フルーティサボンのさわやかな香りに包まれるので、おやすみ前でも心地よく使っていただけます。

なお、パラベン・エタノール・シリコン・鉱物油・石油系界面活性剤・合成着色料は配合しておらず、パッチテストやアレルギーテストも行っています。敏感肌の方でも比較的安心して使用できるのではないでしょうか。

ホワイトクリア ワキセラム

外出時に気になる時はワキ用コンシーラー「ワキ小町」

脇の気になる黒ずみを、ラベンダーカラーで色補正しながらカバーできるコンシーラーです。さらに、マイクロパウダーが毛穴の凹凸やボツボツもカバーしてくれます

ワントーン明るくなめらかな脇に仕上がり、ノースリーブでの外出や電車内で吊り革につかまる際なども周りの目が気になりません。

コラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドなど10種類の美容保湿成分を配合しており、塗っている間に脇の肌をケアしつつ、キメを整えて美しい脇へと導いてくれます。

カキタンニンやシャクヤク根エキスなどの成分とサボンの香りで、蒸れやすい脇のニオイもケアできます。ウォータープルーフ処方なので、汗をかきやすい方も安心です

ワキ小町

乾燥や肌トラブルがひどい場合は皮膚科に相談しよう

あまりにも乾燥や黒ずみがひどい場合や、肌荒れしている場合は、皮膚科に相談するのも手です。保湿が必要な場合は、皮膚科で保湿クリームを処方してもらえます。

例えば、元々肌が弱い方や疾患がある方の場合、保湿などのケアを十分にしても肌トラブルが起こりやすいことがあります。この場合は、専門家のアドバイスや適切な治療を受けることが大切です

また、皮膚科の中でも美容皮膚科なら、ケミカルピーリングやレーザー治療といった専門的な治療を受けることができるため、さらに高い効果を実感できるかもしれません。しかし、一般皮膚科は保険が利きますが美容皮膚科は保険が利かないので、治療費が高くなる点に注意しておく必要があります。

脱毛サロンでのお手入れが脇の黒ずみ改善に良い理由

4.jpg

前項で脱毛サロンでのお手入れを検討するのも1つの手だとご紹介しましたが、この理由を2点解説します。気持ちよくムダ毛を減らして、ツルツルの白い脇を目指してみませんか。

ムダ毛の自己処理の頻度が減る

脱毛サロンで脇のムダ毛のお手入れをしたら、だんだんとムダ毛が減っていくため、結果的に自己処理をする回数が減っていきます。完全に生えなくすることは難しくても、量や生える頻度が減るだけでもツルツルの状態をキープできる期間が延びて、自己処理を減らせます

自己処理の回数が減れば、カミソリのような強い摩擦を肌に与えることが少なくなります。結果として自己処理の手間が省けるだけでなく、黒ずみの原因も押さえられるので、脱毛のメリットは大きいです。

また、毛が減って細くなるため、チクチクとした刺激を感じづらくなるのも良いポイントです

自己処理による肌トラブルを起こしにくい

毛抜きで抜いたりカミソリで剃ったり、間違った自己処理により肌トラブルを起こすことが、黒ずみの主な原因です。実際に、脇は埋没毛や毛嚢炎などの肌トラブルが起こりやすく、ブツブツができてしまうこともあります。

これらの肌トラブルは、誤った自己処理によって起きることが多いため、自己処理が減ることで肌トラブルの原因を発生させないようにすることができるのが、2つ目のポイントです。

毛の量が多いと、その分自己処理に時間がかかるので肌トラブルが起こりやすいですが、脱毛をすることでだんだんと毛が減り、自己処理が短時間で済むようになります。脱毛が完了すれば自己処理が不要になるので、黒ずみの原因をなくせるのがメリットです。

脇毛を脱毛するメリット

5.jpg

脇毛の自己処理にお悩みの方は、脇毛を脱毛するのもおすすめです。黒ずみの予防に繋がる以外にもさまざまなメリットがあります。ここからは、脇毛を脱毛するメリットをご紹介します。

自己処理の手間が減る

脇の脱毛を続けると徐々にムダ毛が薄くなっていくため、自己処理の手間が減っていきます。脇毛の量が多い方や濃い方でも、脱毛を受けることで頻繁に自己処理をしなくてもよくなっていきます。

脱毛により脇毛の自己処理が楽になれば、同時に肌のダメージも軽減されていくため、刺激によるメラニン色素が生まれにくくなります

また、剃り忘れを気にする心配もなくなります。自己処理に費やしていた時間もなくなり、快適に過ごしやすくなるためおすすめです。

ノースリーブなどを着やすくなる

脇毛を脱毛すると、ノースリーブなどの露出が多い服も着やすくなります。脇毛や脇の黒ずみが気になっている方の場合、ノースリーブを着ると脇が見えてしまうため、着づらいと感じている方は多いです。

脇毛を脱毛してキレイにすれば自己処理をする必要がなくなるので、脇毛を気にしなくても済むようになります。自己処理の手間がなくなる以外にも、今まで脇毛が気になってできなかった服装に挑戦できるようになるのも、大きなメリットです。

清潔な状態を保ちやすくなる

脇を脱毛すると清潔な状態を保ちやすくなります。脇は汗腺が多いため汗をかきやすく、蒸れやすい部位です。夏場などであればより蒸れやすく、嫌なニオイの原因である雑菌が繁殖しやすくなります。

また、カミソリなどでの自己処理は脇を刺激するため、汗の分泌が活発になる場合もあります。そこで脇毛を脱毛すれば、脇を清潔な状態に保ちやすくなり、ニオイなども気になりにくくなります

脇脱毛のよくある質問

1.jpg

脇の脱毛を受ける前に、不安な点や疑問を解消しておくと安心です。もちろん、カウンセリングの際にもご相談いただけますが、ここでは脇脱毛に関してよくある質問に回答します。

脇脱毛は何回くらいで効果が出る?

脇の脱毛ではどれくらいの回数のお手入れが必要なのか、気になる方は多いのではないでしょうか。一般的に、最低でも5回は必要といわれており、少なすぎると効果を実感しづらく中途半端な仕上がりになってしまいます。

毛の濃さや量、効果の出方などには個人差がありますが、回数の決まったコースなら、8回程度のコースを選ぶのが適切とされています。自己処理が楽になる程度でいいのか、ほとんど生えてこないツルツルの状態を目指したいのかという希望によっても異なります。

回数が多ければ多いほど高い効果が期待できますが、その分、費用もかかります。ご自身の希望や予算を考慮し、スタッフに相談してみてください。

脇脱毛の費用はどれくらいかかるの?

脇脱毛の料金は、脱毛サロンならキャンペーンなどで1,000円ほどで通えることもあります。脱毛がどんなものなのか、痛みの度合いはどれくらいなのかなどを体験できるように、お試し価格が設定されていることが多いです。

ただし、はじめて利用する方限定であったり、回数が決まっていたりする場合も多いため、内容はしっかり確認してください

クリニックで受けられる医療脱毛は、一般的にサロンよりも高い料金設定です。1回あたり3,000~20,000円前後とクリニックによっても差があります。高額ではありますが、サロンより早く結果が出やすい点がメリットです。

丁寧なお手入れで脇の黒ずみを改善しよう

7.jpg

脇の黒ずみの原因や改善のための対策、脱毛サロンでお手入れを行うメリットなどをご紹介しました。脇の皮膚はとてもデリケートなので、優しく丁寧にケアすることが大切です。

カミソリによる自己処理などで刺激を与え続けてしまうと、黒ずみに繋がってしまうため注意してください。ただし、メラニン色素ができても肌の生まれ変わりサイクルであるターンオーバーが正常に働いていれば、そこまで目立つことはありません。適切なケアをしっかり行い、栄養と睡眠をよく取るよう心掛けてください。

不適切な自己処理により黒ずんでしまうと改善するのが大変なので、なるべく黒ずみにならないよう優しくケアするようにしてください。

空席確認・予約する