脇の黒ずみができる原因は?対策を知ってキレイな脇に!|美容脱毛サロン【ミュゼプラチナム】

脇のムダ毛が気になると同時に、気にしている女性が多いのが黒ずみです。せっかくムダ毛のお手入れをしても、黒ずんでいるとツルツルでキレイには見えず残念に思っている女性は多いかもしれません。

こちらの記事では、脇の黒ずみができる原因や対処方法、脱毛サロンでのお手入れがおすすめな理由など詳しく解説していきます。

脇の黒ずみができてしまう原因は?

1.jpg

まず、脇の黒ずみの原因を解説していきます。自己処理で脇を傷めつけてしまうと、黒ずみがいつまでも解消されないので注意が必要です。脇の皮膚は弱く傷みやすいため、原因を知って丁寧に扱うようにしてみてください。

間違えた脇のムダ毛のお手入れ

脇の黒ずみは、ムダ毛のお手入れを自分でしているうちはなくなることはありません。その中でも、間違えた脇のお手入れをしてしまった時に色素沈着を起こして黒ずみが発生してしまいます。
黒ずみが起こりやすいムダ毛のお手入れは、毛抜きやカミソリを使った方法です。毛抜きは毛穴に炎症が起こるリスクが高いですし、カミソリは皮膚まで削ってしまうため肌を傷めてしまいます。

このように脇の皮膚に強い刺激や摩擦を与えることが原因で、皮膚の色素が落ちにくくなりやがて黒ずんでいきます脇に摩擦を与えることでも黒ずんでしまうため、できるだけ刺激を与えないようにするのが大切です。

黒ずみが起こりにくいムダ毛のお手入れは、電気シェーバーを使用したりハサミでカットすることです。

自己処理後に少し生えたムダ毛が黒ずみの原因に

電気シェーバーは、自己処理の中では最も黒ずみを抑制できる方法ですが、電気シェーバーを使っていても黒ずみが発生することはあります。それは、自己処理をしてから数日後のチクチクと生えはじめた毛が、脇を傷つけているのが原因です。

チクチクした状態で腕を振っていると、脇がこすれて黒ずみが発生してしまうということ。この場合、カミソリを使ったときのような強い摩擦ではありませんが、日常生活の中で擦れる回数が多くなってしまうので黒ずみやすくなります。自己処理後の状態によって黒ずみやすくなることがあるので注意が必要です。

また、窮屈な下着や洋服を着ることも、こすれて黒ずみになる原因となります。

制汗剤の使用が肌ダメージを悪化させることも

脇の自己処理をした後、匂いが気になるからといって制汗剤やデオドラントスプレーを使うことも肌が弱い人にとっては、さらに黒ずみのダメージを悪化させる恐れがあるので注意が必要です。

どのようなお手入れをしても、少なからず脇はダメージを受けています。そのような時に制汗剤を多用してしまうと肌を傷める原因になります。汗や皮脂を拭き取るだけで、匂いは軽減します。

また、制汗剤を頻繁に使っていると含まれている成分が毛穴を詰まらせてしまいます。脇の毛穴が詰まってしまうと脇の皮膚の環境が悪化してしまい、さらにニオイがきつくなることがあります。そこに、また制汗剤を使うことでダメージが大きくなってしまいます。

脇の皮脂を取りすぎるのも良くない

脇の黒ずみができる原因の1つとして、皮脂や古い角質などの汚れが落ちきらずに残って詰まってしまった状態があります。汚れが酸化して黒ずみになるのですが、だからといってむやみやたらと皮脂を取りすぎるのも肌にとってよくありません。

皮脂は適量であれば身体を守るバリアの役割があります。しかし、適度な皮脂がないと、肌が乾燥しすぎてしまいそれもまた黒ずみの原因となるからです。肌は乾燥するとバリア機能が損なわれてしまい、肌の環境が悪化してしまいます

また、必要以上に皮脂を落とすと、身体は補おうとして過剰に皮脂を分泌してしまいます。そうすると、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。汚れや皮脂は優しく落として、お風呂上がりなどにしっかりと保湿をするのが良いです。

メラニンによる色素沈着

脇の黒ずみはメラニンによる色素沈着によって起こる場合もあります。メラニンは日焼けをしたときに身体を守るための色素であり黒・茶色をしています。脇の皮膚は薄く弱いため、身体の防御反応が出やすく、メラニンが過剰に作られやすいです。

メラニンが過剰に生成されることで皮膚が黒っぽくなり、黒ずんでしまいます。身体が正常に働いていれば、発生したメラニンは代謝により排出されますが、代謝のバランスが崩れると上手く排出されず色素沈着してしまいます。

空席確認・予約する

脇の黒ずみを解消するための対策

2.jpg
それでは、脇の黒ずみがすでに気になっている、という方が解消するにはどうしたらいいのか、対策方法をご紹介していきます。

負担の少ない自己処理方法にもう一度見直す

先程解説した通り、毛抜きやカミソリでの自己処理は負担が大きく黒ずみの原因になります。

なので、自己処理をする場合は電気シェーバーを取り入れてみるか、カミソリを使うならしっかりとシェービングクリームを塗ってから優しく剃るなど、方法を変えてみてください。

例えば、カミソリを使う場合でも蒸しタオルなどを使って十分にムダ毛を湿らせることで柔らかくなり、カミソリの刃が入りやすくなります。なるべく毛・肌との摩擦が生まれないように工夫することが大切です。

お風呂場で自己処理をする方が多いかもしれませんが、雑菌が多く肌荒れしやすいためおすすめできません。お風呂上がりの水分を含んだ毛が一番優しく剃れるため、お風呂から上がってからお手入れするのがおすすめです。

また、自己処理後は乾燥しやすいため化粧水などを使い、しっかり保湿するようにしてください。

脱毛サロンでのお手入れも検討する

自己処理をしていると、どうしても肌への負担は避けられません。それに、毛が生えてきたチクチクで脇を傷めてしまう心配もあります。そこで、脱毛サロンに通って脇脱毛をして、ツルツルの脇をキープすることを検討するのもおすすめです。

プロのスタッフの手でしっかりとケアをしながら、肌を労って脱毛をしてもらえますし、チクチクの毛が生えてきづらくなるので柔らかい脇の皮膚を傷つけることが減り、結果として黒ずみ解消に役立ちます。

脱毛を継続していれば徐々にムダ毛は薄くなっていくため、自己処理の手間や負担を軽くできます。つまり、脇の皮膚に与えるダメージが軽くなるので、黒ずみができる原因を防ぎやすくなるのです。

毛穴汚れなどをスッキリ落とす

毛穴の汚れや古い角質が残らないように、スッキリと洗うのが大切です。皮脂や角質が残ったまま酸化すると、それが黒ずみになってしまうので優しくキレイに洗い流してください

ただし、スッキリ洗いたいからといって洗浄力が高すぎる洗剤を使用したり、ゴシゴシと洗ったりしてはいけません。ゴシゴシ洗いをすると、摩擦が起こりかえって黒ずみが悪化することもあります。

肌に優しい成分のソープで、優しく洗いあげてしっかりと流すのが大切です。古い角質は硬くなり落ちにくくなるだけでなく、色素沈着や埋没毛になるリスクも含んでいます。もし古い角質が深刻な場合は、多少摩擦は生まれてしまうものの、スクラブを使い優しくこすることで古い角質を取り除けます。

保湿をしっかりと行うことが大切

毛のお手入れをした後や入浴後は、肌が乾燥しやすいです。これは当然、脇も一緒です。むしろ、脇の皮膚は薄く弱いため、保湿をしっかりとすることが黒ずみを解消するために大切です。

脇だけでなく肌は乾燥することで肌を守る機能が低下して、黒ずみやすい環境を作ってしまいます。そこでしっかり保湿することで、肌のバリア機能が高まり健やかな状態をキープできます

ボディークリームやローションを使うのももちろんいいのですが、もっと本格的にするなら脇の黒ずみ用のクリームを使うのもおすすめです。美白成分があるなど、個人差はありますが比較的効果が実感しやすいと言われています。

ターンオーバーを正常に保てるように栄養を摂る

脇の黒ずみを解決するためには、肌の入れ替わりの代謝(ターンオーバー)によって古い肌をどんどん排出していくことが大切です。ここまでの対策を十分に行っていても、新しい肌が作られなければ意味がありません。

ターンオーバーを正常に行えるようにするためには、肌を作る栄養であるタンパク質やビタミン類、亜鉛などのミネラルを摂ることが大切です。

脱毛サロンでのお手入れが脇の黒ずみ解消にいい理由

3.jpg

先程、脱毛サロンでのお手入れを検討するのも一つの手だと書きましたが、この理由を2点解説いたします。気持ちよくムダ毛を減らして、ツルツルの白い脇を目指してみませんか?

ムダ毛のお手入れの頻度が減る

脱毛サロンで脇のムダ毛のお手入れをしたら、だんだんとムダ毛が減っていくため結果的に自己処理をする機会が減っていきます

完全に生えなくなるのは難しくても、量や生える頻度が減るだけでツルツルをキープできる期間が増えて、毎日のように行う自己処理を減らせるのがメリットです。

自己処理の頻度が減れば、カミソリのような強い摩擦を肌に与えることが少なくなります。自己処理の手間が省けるだけでなく、黒ずみの原因も押さえられるので脱毛のメリットは大きいです

また、毛が減って細くなるため、チクチクしづらくなるのもポイントで、チクチクの毛が脇に刺激を与えてしまう問題点も解消できます。

自己処理による肌トラブルを起こしにくい

毛抜きで抜いたりカミソリで剃ったり、間違った自己処理で肌トラブルを起こすのが、黒ずみの多くの原因です。実際に、脇は埋没毛や毛嚢炎などの肌トラブルが起こりやすく、ブツブツができてしまうこともあります。

これらの肌トラブルの主な原因は、誤った自己処理による部分が大きいため、自己処理が減ることでこの原因を解消することができるのが2つ目のポイントです

毛の量が多いとその分自己処理にも時間がかかるので、肌トラブルが起こりやすいですが、脱毛をすることでだんだん毛が減り自己処理も短時間で済むようになります。ほぼ完了すれば、自己処理不要になるので黒ずみの原因をなくせるのがメリットです。

脇の保湿のためのおすすめアイテム

4.jpg

黒ずみを解消するための方法の1つに保湿があります。保湿をするにも、さまざまなアイテムがありますし、あまりにもひどい場合は皮膚科でご相談するのも視野に入れるのがおすすめです。

黒ずみ予防には市販の保湿クリームなども

黒ずみを予防・改善するためには、しっかりと保湿をすることが大切なので、ひどくないうちは市販の保湿クリームを使ってみてください。全身に使えるローションやクリームでもいいですし、脇の黒ずみ専用の保湿クリームでもいいです。

お風呂上りなどは比較的肌が乾燥しやすいタイミングなので、化粧水などを使い保湿するようにしてください。肌が十分に水分を維持した状態であれば、肌環境が正常に保たれ、黒ずみもできにくくなります

全身用でも、美白効果のあるものなら黒ずみに効果を発揮してくれるかもしれません。保湿効果の高いもの、さらっとした使い心地のものなどさまざまあるので、好みを選んでみてください。

乾燥や肌トラブルがひどい場合は皮膚科に相談

あまりにも乾燥や黒ずみがひどい場合や、肌荒れもしている場合は、皮膚科にご相談するのも手です。保湿が必要な場合は、皮膚科で保湿クリームを処方してもらえます。

例えば、元々肌が弱い方や疾患がある方の場合、保湿などのケアを十分にしても肌トラブルが起こりやすいことがあります。この場合は、専門家のアドバイスや治療を受けることが大切です。

また、皮膚科の中でも美容皮膚科なら、ケミカルピーリングやレーザー治療といった専門的な治療を受けることができるため、さらに高い効果を実感できるかもしれません

一般皮膚科は保険がききますが、美容皮膚科は保険が効かないので治療が高くなる点を注意しておく必要があります。

丁寧なお手入れで脇の黒ずみを解消しよう

5.jpg
こちらの記事では、脇の黒ずみの原因や解消のための対策、脱毛サロンでお手入れを行うことのメリットなどをご紹介しました。脇の皮膚はとてもデリケートなので、優しく丁寧に扱うのが大切です。

おおざっぱな自己処理で黒ずんでしまったら、改善するのが大変なのでなるべく黒ずみにならないように、優しくケアするようにしてください。

空席確認・予約する

部位ごとの脱毛コラム

部位ごとの脱毛について詳しく知りたい方は、以下より気になる部位をクリックしてご確認ください。

このページのTOPへ