肌がカサカサになる原因とは?保湿のポイントや脱毛のメリットを紹介

季節や体調によって、肌は乾燥しカサカサになってしまうことがあります。肌が乾燥すると肌荒れしやすくなるため、十分に保湿しなければなりません。そのためにも、肌がカサカサになる原因や保湿するポイントを押さえておくことが大切です。

そこで、肌が乾燥する原因や保湿のポイントを詳しくご紹介します。

肌がカサカサしてしまう原因

1.jpg

肌はさまざまな要因で乾燥してしまいます。そのため、肌のうるおいを保つためには乾燥する原因を押さえておくことが大切です。ここからは、肌がカサカサになってしまう原因を詳しくご紹介します。

空気の乾燥による肌荒れ

空気が乾燥すると肌もカサカサになりやすくなります。秋や冬の季節は、気温が下がることで空気中に含まれる水分の量が少なくなるため乾燥しやすいです。乾燥した空気に肌が触れると、肌の水分が失われてしまうため肌がカサカサしてしまいます。

屋外だけでなく、屋内でも暖房・冷房を使っていると室内の空気が乾燥しやすいため注意が必要です。冬の時期は室内の空気が乾燥し過ぎないように、加湿器などを使うことが大切です。

ターンオーバーの乱れ

肌は古くなると新しい皮膚に生まれ変わります。この肌の生まれ変わりサイクルのことを「ターンオーバー」といいますが、このターンオーバーのリズムが乱れると肌がカサカサになってしまいます

古い肌は新しい肌と比べると、水分を保持する力が弱くなるため、ターンオーバーが遅れて古い肌が残っていると肌が乾燥しやすくなるのです。反対に、ターンオーバーのサイクルが早過ぎる場合も、未熟な角質が生まれてしまうため乾燥してしまいます。

誤ったスキンケアやムダ毛の自己処理

普段のスキンケアやムダ毛の自己処理でも、方法を間違えると肌が乾燥する原因になってしまいます。例えば、メイク落としや洗顔のときにゴシゴシと強く洗ってしまうと、肌を傷つけてしまいます。スクラブ入りの洗顔フォームを使ったり、頻繁にピーリングを行っていると、摩擦により角質がダメージを受けてしまうことが多いです。

他にも、カミソリでムダ毛の自己処理をすると、角質層まで削ってしまうため水分が失われて乾燥してしまいます

紫外線によるダメージ

夏の時期は、冷房による空気の乾燥以外にも紫外線によるダメージが大きいです。日焼けは肌がヤケドしている状態なので、角質も大きなダメージを受けています。また、紫外線は日焼けをするほど浴びていなくても角質にダメージを与え、シミやシワの原因にもなります。

紫外線によりダメージを受けた角質は、肌を守るバリア機能が低下するので乾燥しやすいです。日差しが強く紫外線によるダメージが気になるときは、日焼け対策を万全に行うことが大切です。

栄養不足によるコンディションの悪化

肌に必要な栄養が不足すると状態が悪化してしまいます。栄養や水分、睡眠などが不足している状態だと、前述したターンオーバーが乱れてしまう原因になります。

古い角質だと乾燥しやすくなるのと同じように、栄養不足になり肌のコンディションが悪化すると肌がカサカサになったり、肌荒れしたりするので注意が必要です。健康的な肌を保つために、栄養バランスを考えた食事をすることが大切です。

乾燥肌とはどのような状態?

2.jpg

乾燥肌とは、皮膚のバリア機能が正常に働かず肌が乾燥し、つっぱり感がある状態のことです。肌の水分や皮脂などの油分が不足した状態であり、肌が硬くなることもありますが、元に戻るため基本的には一時的な現象にとどまります。

遺伝などにより肌が乾燥しやすい方はいますが、空気の乾燥・紫外線・年齢などが原因で乾燥肌になることもあります。通常の乾燥肌は、乾燥による一時的な不快感があり軽く粉をふくことが多いですが、悪化すると皮膚が剥がれたり、ひび割れや肌荒れが起きたりします。

また、アトピー性皮膚炎の前段階として、肌が乾燥し軽いかゆみや痛みが出ることがあります。乾燥肌にならないように、普段から肌を保湿するようにしてください

肌を保湿する必要性

3.jpg

肌が乾燥してしまうと、肌荒れやひび割れなどの原因になります。保湿すると肌のバリア機能を正常に保ちやすくなり、肌荒れなどを防ぎやすくなります。この肌のバリア機能が正常に働いている状態だと、角質層が外的刺激から肌を守ってくれるため、水分や必要な油分が失われるのを防いでくれます。

しかし、乾燥などにより角質に含まれるアミノ酸などの成分が減ってしまうと、角質に隙間が生まれバリア機能が低下し、水分などが逃げてしまうのでこまめに保湿することが大切です

空席確認・予約する

肌を乾燥させないためのポイント

4.jpg

肌を保湿してキレイな状態を保つためには、肌を乾燥させないようにすることも大切です。このポイントを押さえておけば乾燥肌の悪化を防げます。ここからは、肌を乾燥させないためのポイントをご紹介します。

入浴後はすぐに保湿ケアをする

入浴・洗顔後は洗顔フォームやボディソープなどの洗浄力により、肌の油分が失われており乾燥しやすくなっています。そのため、入浴後は肌から水分が失われないように、なるべく早く保湿ケアをすることが大切です。

保湿ケアをする際は、化粧水や乳液、クリームなどを使いますが、3大保湿成分であるセラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸が含まれるものを選ぶのがおすすめです。他にも、角質を形成するアミノ酸が多く含まれるものだと、肌のうるおいを保てます

肌に与えるダメージを抑える

肌を乾燥させないためには、肌が受けるダメージを抑えることが大切です。顔や身体を洗うときに、タオルなどでゴシゴシ洗ってしまうと摩擦で肌が傷つきます。他にも、外出するときの紫外線にも気をつけてください。

また、ムダ毛の自己処理で毛抜きやカミソリを使うと、肌を傷めてしまいます。カミソリを使って自己処理をすると、角質層を削ってしまうため肌が乾燥することが多いです。日頃から、なるべく肌へのダメージを抑えるように意識してください。

脱毛すると肌に良い?

5.jpg

ムダ毛を自己処理すると、そのダメージによって肌が乾燥することもあります。乾燥が気になる場合、カミソリでの自己処理が原因であることが多いです。そこで、肌のムダ毛が気になる方は脱毛するのがおすすめです。

ここからは、脱毛するメリットをご紹介します。

自己処理によるダメージを抑えられる

脱毛すると毛抜きやカミソリによる自己処理が必要なくなります。1回の脱毛で全ての毛がなくなるわけではありませんが、何回か通うことで徐々にムダ毛が薄くなり、自己処理の手間が少なくなっていきます。

ムダ毛の自己処理が減れば、肌に与えるダメージを大幅に軽減できます。自己処理の手間にお悩みの方や、カミソリ負けしたり肌の乾燥が気になる方は、脱毛がおすすめです

お手入れ後に保湿ケアを受けられる

脱毛サロンによっては、脱毛のお手入れ後に保湿ケアを受けられます。ミュゼプラチナムでも、お手入れ後にアフターケアとして保湿ケアを行っています。脱毛後の敏感な肌を適切に保湿できるため、肌のうるおいを保ちやすくなるのも大きなメリットです。

脱毛期間中は自宅でも保湿をするようにお願いしているため、肌の水分量を保ちやすいです。また、サロンであれば保湿ケアのアドバイスも受けられるため、日々のケアのモチベーションも維持しやすいです

肌がカサカサにならないように対策をしよう

6.jpg

肌はさまざまな要因でカサカサに乾燥してしまいます。乾燥した肌はバリア機能が低下して肌荒れの原因になるので、十分に保湿するようにしてください。洗顔・入浴後は肌が乾燥しやすいため、早めに保湿ケアすることが大切です。

また、ムダ毛の自己処理も肌の乾燥の原因になので、自己処理の手間が気になる方や乾燥が気になる方は、脱毛するのもおすすめです。肌がカサカサにならないように注意して、快適に過ごしてみてください。

空席確認・予約する

このページのTOPへ