顔を保湿する方法とは?顔の脱毛も効果アリ?

空気が乾燥する季節は、肌を十分に保湿する必要があります。顔は露出していて乾燥しやすいため、適切な方法で保湿しなければなりません。そのためにも、顔を保湿する必要性や正しい方法を押さえておくことがおすすめです。

そこで、顔を保湿する方法について詳しくご紹介します。顔の脱毛をする効果についても解説するので、参考にしてみてください。

顔を保湿する必要性

1.jpg

顔を保湿することは大切ですが、なぜ必要なのか理由を押さえておくことが大切です。肌をキレイに保つためにも、保湿が重要な理由を把握するのがおすすめです。ここからは、顔を保湿する必要性について詳しくご紹介します。

肌のバリア機能を正常に保つため

肌を正常な状態に保つためには、保湿が欠かせません。これは、肌にはバリア機能があり、しっかりと保湿されていることで正常に保たれ、乾燥するとバリア機能が低下してしまうからです。

バリア機能が低下すると、水分が失われやすく刺激を受けやすい敏感な状態になります。敏感肌・乾燥肌になると肌を適切に守ることができず、刺激により炎症などが起きるため肌荒れしやすくなります

肌のうるおいを保つことでバリア機能が保たれ、健康的な肌をキープできます。

季節や環境によって肌が乾燥するため

肌は季節や環境によって乾燥しやすくなります。例えば、秋・冬は気温が下がることで空気中の水分量が減るため、空気が乾燥します。空気が乾燥すると常に空気に触れている肌から水分はどんどん逃げていくため、乾燥に注意しなければなりません。

夏の場合、空気はうるおっているものの紫外線によるダメージを受けやすいです。強い紫外線により肌が日焼けして、乾燥・肌荒れしやくなります

保湿するときのポイント

2.jpg

顔は身体の中でも乾燥しやすいため、しっかりと保湿する必要があります。顔を保湿するポイントはいくつかあるので、押さえておくのがおすすめです。ここからは、顔を保湿するときのポイントをご紹介します。

刺激を与えないように洗顔する

顔の保湿は、なるべく肌に刺激を与えないようにすることが大切です。例えば、洗顔するときはゴシゴシ洗うのではなく優しく洗うようにします。スクラブ入りの洗顔フォームを使っている場合や、ピーリングを頻繁に行っていると、摩擦により肌がダメージを受けてしまいます。

洗浄力が高い洗顔フォームは使用感が良いものの、うるおいを守るための皮脂・油分まで洗い流してしまうことが多いです。他にも、顔にはうぶ毛が多く生えていますが、カミソリで剃るとうるおいを守る角質層まで削ってしまうので注意が必要です

洗顔・入浴した後はすぐに保湿する

洗顔・入浴後は肌の油分が失われています。そのままの状態で放置していると、肌が乾燥してしまうため注意しなければなりません。そのため、洗顔・入浴後は化粧水などでしっかり保湿することが大切です

まずは化粧水で失われた水分を補給し、その後に乳液やクリームなどで肌を守る油分を補います。こまめに保湿することで、肌のうるおいを保ち健康的な状態をキープできます。

角質を保護するスキンケアを使用する

肌のうるおいを保つためには、肌の水分を守っている角質を適切にケアすることが大切です。角質は古くなると硬くなり乾燥しやすくなるため、角質を保護するスキンケアを行います。角質を良い状態に保つためには、水分と皮脂のバランスを整える必要があります。

スキンケアを行うときは、3大保湿成分であるセラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸が含まれているものを選ぶのがおすすめです。適切にスキンケアを行うことで、肌のうるおいを保ちやすくなります。

化粧水だけでなくクリームも使う

肌の保湿を化粧水だけで済ませている方は多いのではないでしょうか。季節や環境などの要因により肌が乾燥しやすい場合は、化粧水でうるおいを補給してもすぐに水分が逃げてしまいます

そこで、洗顔・入浴後など肌が乾燥しやすいときは、化粧水だけでなくクリームなどを使うのがおすすめです。クリームを使うと肌の表面に油分の膜をつくるため、水分が蒸発するのを防いでくれます。他にも、角質の保湿成分を維持する乳液を取り入れるのもおすすめです。

肌の保湿力が落ちる要因

3.jpg

肌の保湿力はさまざまな要因で低下してしまいます。顔を適切に保湿するためには、保湿力が下がらないように対策することも大切です。ここからは、肌の保湿力が落ちる要因をご紹介します。

肌のターンオーバーの乱れ

乱れた生活習慣が原因で、肌の保湿力が落ちてしまうことがあります。肌は定期的に新しく生まれ変わる「ターンオーバー」によって、コンディションを保っています。このターンオーバーが乱れてしまうと、古い角質が体外に排出されず乾燥しやすくなるため、注意しなければなりません。

例えば、睡眠不足や血行不良、栄養バランスの偏った食事などにより、ターンオーバーが乱れたり遅れたりします。生活習慣を整えてターンオーバーが正常に戻ると、新しい肌が生まれやすくなり、保湿力をキープできるようになります。

間違ったスキンケアやムダ毛の自己処理

間違ったスキンケアやムダ毛の自己処理によって、肌の保湿力が落ちることがあります。例えば、洗浄力が高い洗顔フォームを使うと、うるおいを守るために必要な油分がなくなってしまいます。

カミソリを使ってムダ毛を自己処理していると、角質層を削り取ってしまうため乾燥しやすいです。肌のうるおいを保つためには、できるだけ肌に刺激を与えないように意識することが大切です

空席確認・予約する

顔を脱毛するメリット

4.jpg

顔の乾燥が気になる方は、ムダ毛の自己処理によるダメージが乾燥の原因になっている可能性があります。そのため、顔を脱毛することで肌を保湿しやすくなります。ここからは、顔を脱毛するメリットを詳しくご紹介します。

自己処理によるダメージを抑えられる

顔には無数にうぶ毛が生えており、このうぶ毛が気になって頻繁に自己処理をしていると、肌が乾燥しやすくなってしまいます

そこで、顔のうぶ毛を脱毛すると、自己処理する必要がなくなります。脱毛に通っていると徐々にムダ毛が薄くなっていき、自己処理の手間が減っていくため効果を実感しやすいです。肌へのダメージが減るため、うるおいを保ちやすくなります

肌をキレイに保ちやすくなる

顔を脱毛すると肌のうるおいを保ちやすくなるだけでなく、肌をキレイな状態に保ちやすくなります。顔のうぶ毛は薄いですが生えている量が多く、肌がくすんで見えてしまいます。

そこで、脱毛により顔のうぶ毛がなくなると、肌が明るくなり化粧ノリも良くなるのでおすすめです。また、脱毛すると毛穴が閉じて引き締まる効果も期待できるため、肌のキレイさを保ちやすくなります。他にも、毛穴に汚れが詰まりにくくなるため、ニキビなどの予防にも繋がります。

お手入れ後に保湿ケアを受けられる

脱毛サロンによっては、お手入れ後に保湿ケアを受けられます。ミュゼプラチナムでもお手入れ後にアフターケアとして保湿ケアを行っています。脱毛後の敏感な肌を適切に保湿できるため、肌のうるおいを保ちやすくなります。

また、脱毛期間中は自宅でも保湿をするようにお願いしているため、肌の水分量を高い状態にキープしやすいです。保湿の方法に不安がある方でも、サロンであれば保湿ケアのアドバイスも受けられるため、日々のケアのモチベーションも維持しやすいです

顔をしっかり保湿してキレイな状態を保とう

5.jpg

顔は身体の中でも乾燥しやすい部位であり、乾燥することで肌のバリア機能が低下したり、肌荒れの原因になったりするのでしっかりと保湿することが大切です。季節や環境などによって空気が乾燥することにも、注意してください。

顔を保湿するときはなるべく肌に刺激を与えないようにし、洗顔・入浴後は化粧水やクリームなどで保湿します。また、顔のムダ毛の自己処理も乾燥の原因になるので、気になる方は脱毛するのもおすすめです。顔をしっかり保湿してキレイな状態を保ってください。

空席確認・予約する

このページのTOPへ