肌の乾燥はなぜ起こる?有効な乾燥対策についても紹介

肌のうるおいを保つためには、肌が乾燥する原因を押さえて、適切にケアする必要があります。肌が乾燥する原因はいくつもあるため、ケア方法だけでなく、生活習慣などにも気を配ることが大切です。

そこで、肌が乾燥する原因や乾燥対策について詳しくご紹介します。

肌が乾燥する主な原因

1.jpg

肌は季節や体調などによって乾燥してしまいます。その原因と仕組みを押さえておくことで、うるおいがある健康的な肌をキープしやすくなります。ここからは、肌が乾燥する主な原因をご紹介します。

空気の乾燥

肌が乾燥する主な原因は空気の乾燥です。空気が乾燥していると、空気に触れている肌から水分がどんどん逃げていくため、肌が乾燥しやすくなります。

秋や冬の季節になり気温が下がると、空気中の水分量が少なくなり空気が乾燥しやすくなるため、他の季節よりも注意しなければなりません。暖房をつけているとさらに空気は乾燥するため、加湿器などで湿度を上げる対策が必要です。

紫外線などによるダメージ

寒い季節は空気が乾燥することによって肌が乾燥しますが、夏などの日差しが強い季節も注意が必要です。肌は強い紫外線を浴びると日焼けをしますが、日焼けをするほど浴びていなくても肌はダメージを受けてしまいます

紫外線により肌がダメージを受けると、水分を守る角質層が傷つき、肌の水分を守るバリア機能が低下します。この肌のバリア機能が低下することで、外部からの刺激に弱くなり乾燥しやすくなるのです

年齢による水分量の低下

人の肌は加齢により保有できる水分の量が少なくなります。これは肌のうるおいを保つ成分であるセラミドなどの天然保湿因子が、加齢により少なくなる傾向があるためです。

一般的に肌の水分量は20歳頃がピークと言われており、そこからバリア機能を保つ成分の分泌が減っていきます。また、肌の生まれ変わりサイクルであるターンオーバーが遅れ気味になることでも古い肌が残り、乾燥しやすくなります

間違ったスキンケアやムダ毛の自己処理

普段の生活の中でも、スキンケアやムダ毛の自己処理の方法を間違えてしまうと、肌が乾燥しやすくなるため注意しなければなりません

例えば、顔や身体の汚れを落とそうとしてゴシゴシ洗ってしまうと、摩擦で角質層を傷つけてしまったり、うるおいを守るために必要な油分まで落としてしまいます。

また、スクラブ入りの洗顔フォームで頻繁に顔を洗うことも、肌にダメージを与えやすいです。他にも、ムダ毛をカミソリで自己処理すると、肌の表面を削ってしまい乾燥しやすくなります。

肌のターンオーバーの乱れ

肌の生まれ変わりサイクルであるターンオーバーが乱れると、肌が乾燥しやすくなります。ターンオーバーが遅れている場合だと、保湿力が低い古い肌が残ってしまいます。反対に、ターンオーバーが早すぎる場合も、未成熟な肌でバリア機能が低いため乾燥しやすいです。

ターンオーバーの乱れは睡眠不足や血行不良、栄養バランスの乱れ、ホルモンバランスの乱れなどによって起こります。普段の生活から肌の健康状態に気をつかうことが大切です。

肌の乾燥を防ぐ方法

2.jpg

うるおいのある肌を保つためには、肌の乾燥を防ぐ方法を押さえておくことが大切です。こまめに保湿しても効果を実感できない場合は、以下の方法を参考にしてみてください。ここからは、肌の乾燥を防ぐ方法をご紹介します。

スキンケアで保湿する

肌の乾燥を防ぐためには、こまめに保湿することが大切です。空気が乾燥しやすい季節以外にも、日焼けやムダ毛を自己処理した後などは肌がダメージを受けているため、保湿をする必要があります。

洗顔・入浴後は肌のうるおいを保つために必要な油分が落ちているため、肌が乾燥しやすくなります。スキンケアで保湿する際は、3大保湿成分と呼ばれているセラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸が含まれている化粧水や乳液、クリームを使うのがおすすめです。

生活習慣を改善する

生活習慣の乱れは、ターンオーバーの乱れに繋がります。睡眠不足が続くと肌の代謝が悪くなり、古い肌が残りやすくなります。その他にも、血行不良や食生活の乱れは、肌が生まれ変わるために必要な栄養がしっかりと体内に届きません。

このように、生活習慣が乱れていると新しい肌が生まれにくくなるため、肌が乾燥しやすくなります。肌のうるおいを保ちたい場合は、生活習慣を整えることが大切です。

紫外線対策をする

紫外線は意識して対策しても完全に防ぐのが難しいです。夏以外の季節でも、紫外線を浴びると日焼けせずとも肌はダメージを受けて乾燥してしまいます。普段の生活から、日焼け止めや日傘、帽子などで紫外線から肌を守ることが大切です。

また、保湿することで肌のバリア機能が正常に働くため、化粧水などでこまめに保湿してください。洗顔・入浴後以外にも、外出から帰ってきた後もケアするのがおすすめです。

水分補給して体内の水分量を高める

肌の乾燥を防ぐためには、水分を補給することも大切です。こまめに肌を保湿するだけでなく、意識して水分補給もしてください

のどが渇いたタイミングでは、すでに身体は水分不足になっており肌の乾燥も進んでいます。そのため、少量ずつ水分を補給し続けることが大切です。

しかし、コーヒーや緑茶などカフェインが多く含まれている飲料は、利尿作用により水分が体外に排出されてしまうため、注意しなければなりません。

肌に与えるダメージを抑える

紫外線や空気の乾燥以外にも、普段の生活の中で肌はダメージを受けています。例えば、衣類による摩擦や、ムダ毛の自己処理などです。カミソリでムダ毛を自己処理するのは手軽で便利ですが、ムダ毛だけでなく肌の表面にある角質層まで削ってしまいます。

肌がダメージを受けると角質層が傷つき水分が逃げてしまい、乾燥しやすくなります。乾燥が気になるときは、なるべく肌に与えるダメージを小さくするように意識してください。

空席確認・予約する

脱毛すると肌に良い?

3.jpg

肌の乾燥が気になる方は、乾燥しやすい部位のムダ毛を脱毛するのもおすすめです。これはムダ毛の自己処理が肌にダメージを与え、乾燥する原因になっているからです。ここからは、脱毛するメリットについてご紹介します。

自己処理によるダメージを抑えられる

ムダ毛を脱毛すると自己処理の手間が省けます。1回で全てのムダ毛を脱毛できるわけではありませんが、通っているうちに徐々にムダ毛が薄くなるため、自己処理が楽になっていきます。

自己処理はどのような方法でも少なからず肌にダメージを与えてしまいますが、脱毛すれば肌に与えるダメージを軽減できます。肌に与えるダメージが少なくなることで、うるおいを保ちやすくなり、キレイな肌をキープすることができるようになります

お手入れ後に保湿ケアを受けられる

脱毛サロンでは、脱毛のお手入れ後にアフターケアとして保湿をしてもらえることが多いです

ミュゼプラチナムでも、肌を守るための保湿ケアを行っています。また、ミュゼプラチナムでは脱毛期間中に自宅での保湿ケアもお願いしているため、肌のうるおいを保ちやすくなります。

脱毛サロンに通うことで、お手入れを受けながら保湿もできます。また、適切な保湿ケアの方法など、アドバイスを受けられるのもメリットです

肌の乾燥に注意してしっかり保湿しよう

4.jpg

肌が乾燥する原因はいくつもあるため、ただ肌を保湿するだけでなく、乾燥する原因を押さえることが大切です。しっかりと保湿できていると思っていても、適切にケアできていないと、季節や体調によって乾燥しやすくなってしまいます。

肌のうるおいを保つためには、化粧水などで保湿する以外にも、生活習慣を見直すことも大切です。また、ムダ毛の自己処理が乾燥の原因になっていることもあるので、脱毛するのもおすすめです。肌の乾燥に注意ししっかり保湿して、キレイな肌を保ってください。

空席確認・予約する

このページのTOPへ