おでこ脱毛をサロンやクリニックでするメリットとデメリット|美容脱毛サロン【ミュゼプラチナム】

「おでこが広い」「おでこのうぶ毛が濃い」「おでこが狭い」など、おでこに関するお悩みを抱えている人は少なくありません。おでこにコンプレックスを抱えていると、ヘアアレンジやおしゃれを自由に楽しみにくくなります。場合によっては、人と顔をあわせるのが嫌だと感じる人も珍しくありません。そこで今回は、おでこのお悩みを解決へ導く「おでこ脱毛」についてご紹介します。おでこについてお悩みを抱えている人は、ぜひ参考にしてください。

現在ミュゼプラチナムでは「おでこ脱毛」のお手入れのサービス提供は行っておりません。

サロン・クリニックでおでこ脱毛するメリット

image1.jpeg

おでこのムダ毛処理をしたことはありますか?自分でおでこのムダ毛を剃ったり、うぶ毛を整えたりする人は多くないのではないでしょうか。まずは、脱毛サロンやクリニックでおでこ脱毛をするメリットを3つご紹介します。

①化粧ノリが良くなる

ファンデーションや下地など、なんだか肌に馴染まないと違和感を覚えた経験はありませんか?実は、「うぶ毛」が原因であることも多いです。おでこ周りのうぶ毛を処理することで、毎日の化粧ノリが良くなり、自然に馴染んだメイクに仕上げることができます。

②顔の印象が明るくなる

うぶ毛が生えたままにしていると、実は肌がくすんで見えてしまうのです。うぶ毛を剃るだけで、顔がパッと明るく見え、フレッシュな雰囲気に近づきます。いつも顔が暗くくすんでいる気がする...という人は、もしかすると、うぶ毛を処理するだけで解決するかもしれません。

③おでこを出した髪型に自信が持てる

おでこを出した髪型に自信が持てること。おでこの生え際のうぶ毛を脱毛していると、いつでも自信を持っておでこを出した髪型に挑戦することができます。前髪を下ろして分けている人や、アップヘアをしている人は、ぜひおでこ脱毛に挑戦してみてはいかがでしょうか。

サロン・クリニックでおでこ脱毛するデメリット

image5.jpeg

続いて、脱毛サロンやクリニックでおでこ脱毛するデメリットを2つご紹介します。

①紫外線ダメージが増える

紫外線ダメージが増えること。おでこに生えているうぶ毛などを脱毛することで、紫外線が直接おでこに当たりやすくなります。その結果、紫外線ダメージが増えてしまうことに。ただ、このデメリットは、紫外線を浴びるシーンで毎回しっかりと日焼け止めを塗ったり、紫外線ブロックできるアイテムを活用したりすることで、防ぐことが可能です。

②脱毛効果が出にくい

脱毛効果が出にくいこと。おでこに生えている毛は、ほとんどが細く短いうぶ毛です。そのため、他の部位に生えている腕や脚のムダ毛に比べると、脱毛効果を実感しにくく、効果を得られるまでに時間がかかります。数ヶ月は効果を実感できなくても、脱毛の回数を重ねて、おでこ脱毛を進めていく必要があります。脱毛を受けてすぐにつるんとしたおでこを目指すのは、難しいかもしれません。

セルフのおでこ脱毛ではダメ?

image3.jpeg

「わざわざ脱毛サロンやクリニックへ脱毛に通うのは面倒だ」「自己処理で済ませてはいけないの?」脱毛サロンやクリニックに通うのは面倒だから、どうにか自分の手でおでこ脱毛を終わらせられないかと考える人も少なくありません。カミソリや電気シェーバーなどを使用した自己処理は、一時的なおでこ脱毛として行えないわけではありません。

しかし、毎日のように何度も半永久的にカミソリの刃を肌に当てて処理し続けることは、肌に負担がかかるのでおすすめできません。徐々に、肌がくすんでしまったり、刃で肌を傷つけてしまったりするためです。また、おでこ脱毛を行う上で、おでこの生え際を自然かつ綺麗に整えて処理を行う必要があります。そうしなければ、アップヘアや前髪を上げるヘアスタイルなどで、不自然なおでこに仕上がってしまうからです。

ただ、自分の手でおでこのムダ毛を処理するのでは、おでこの生え際の形を変えることは難しいため、自己処理は避けるのが好ましいでしょう。

現在ミュゼプラチナムでは「おでこ脱毛」のお手入れのサービス提供は行っておりません。

おでこ脱毛の失敗パターン

image4.jpeg

続いて、おでこ脱毛の失敗パターンをご紹介します。この失敗パターンをあらかじめ理解してから、おでこ脱毛に臨みましょう。

①ハゲているようなおでこになってしまった

「おでこが狭い」と悩んでいたため、3cmおでこを脱毛して、おでこを広くしようと考えました。綺麗におでこ脱毛を完了させることができたのですが、後々鏡でおでこをチェックしたら、なんだかおでこから髪の毛が後退しているようなハゲている頭に見えてしまっている...という残念な結果に。

②カツラをかぶっているようなおでこになってしまった

おでこ脱毛をしたら、生え際が不自然に見えてしまい、カツラをかぶっているようなおでこになってしまった人も少なくありません。うぶ毛をすべて脱毛したことで、生え際とおでこの境目がはっきりとして見えるようになったことが要因だと考えられます。

③後々デザインが気に入らなくなった

「M字型の生え際を整えたい。」と考えおでこ脱毛をしました。しかし、時間が経つにつれて「一般的な丸型に戻したい」と思うようになってしまったというケースもあるようです。ただ、一度おでこを脱毛してしまうと、脱毛した部分の毛は、半永久的に生えないもしくは生えにくくなるため、再度形を変えることが難しくなります。脱毛を行う前に、年齢を重ねても自然なおでこに見えるのか考えながら、スタッフと相談することをおすすめします。

おでこ脱毛で失敗しないポイント

image5.jpeg

最後に、おでこ脱毛で失敗しないためのポイントについてご紹介します。

①比率を考えて生え際の位置を決める

おでこの広さの黄金比は、顔の3分の1と言われています。おでこ脱毛を行うときには、黄金比に沿って脱毛する範囲を検討するとよいでしょう。

②生え際のデザインを選ぶ

おでこの生え際のデザインとして、主に「丸型」「富士型」「M字型」が挙げられます。最も人気かつ自然な「丸型」や、上品な「富士型」、知的なムードの「M字型」など、なりたいイメージなどに合わせて、好みのデザインを選んでから脱毛を始めましょう。

正しいおでこ脱毛でコンプレックスを解消しよう!

image6.jpeg

今回は、おでこに関するお悩みを抱えている人に向けて、おでこ脱毛についてご紹介しました。

ケアしている人が少ないものの、おでこにコンプレックスを抱えている人は少なくありません。ただ、おでこのコンプレックスは、脱毛サロンやクリニックでおでこ脱毛を始めることで、解決できることも多いです。おでこ脱毛は「おでこを出したおしゃれを自由に楽しみたい」「自信を持って人とのコミュニケーションを楽しみたい」などと考えている人におすすめです。ぜひこの機会に、おでこ脱毛を始めてみてはいかがでしょうか。

現在ミュゼプラチナムでは「おでこ脱毛」のお手入れのサービス提供は行っておりません。

このページのTOPへ