おでこ脱毛とは?サロンやクリニックでするメリットとデメリットを紹介!|美容脱毛サロン【ミュゼプラチナム】

「おでこが広い」「おでこのうぶ毛が濃い」「おでこが狭い」など、おでこに関するお悩みを抱えている人は少なくありません。おでこにコンプレックスを抱えていると、ヘアアレンジやおしゃれを自由に楽しみにくくなります。場合によっては、人と顔をあわせるのが嫌だと感じる人も珍しくありません。そこで今回は、おでこのお悩みを解決へ導く「おでこ脱毛」についてご紹介します。おでこについてお悩みを抱えている人は、ぜひ参考にしてください。

おでこ脱毛とは?特徴を紹介

1.jpg

おでこは髪型によっては人の目につきやすく、ムダ毛が目立ってしまう顔の部位です。実際に産毛が濃い方の場合、脱毛することで肌が明るくなり印象がかわることがあります。また、おでこの脱毛には前髪の生え際も含まれるので、前髪をかき上げたときや前髪を分けたときにもキレイに見せることができます。

サロン・クリニックでおでこ脱毛するメリット

2.jpg

おでこのムダ毛処理をしたことはありますか?自分でおでこのムダ毛を剃ったり、うぶ毛を整えたりする人は多くないのではないでしょうか。まずは、脱毛サロンやクリニックでおでこ脱毛をするメリットを3つご紹介します。

①化粧ノリが良くなる

ファンデーションや下地など、なんだか肌に馴染まないと違和感を覚えた経験はありませんか?実は、「産毛」が原因であることも多いです。おでこ周りの産毛を処理することで、毎日の化粧ノリが良くなり、自然に馴染んだメイクに仕上げることができます。

実際におでこの産毛が濃い人であればその差は実感しやすくなります。特にベースメイクが乗りやすくなり、肌にツヤやハリを出せるようになり、化粧がキレイな状態をキープしやすくなります。

②顔の印象が明るくなる

産毛が生えたままにしていると、実は肌がくすんで見えてしまうのです。産毛を剃るだけで、顔がパッと明るく見え、フレッシュな雰囲気に近づきます。いつも顔が暗くくすんでいる気がする...という人は、もしかすると、産毛を処理するだけで解決するかもしれません。

産毛が濃い人であれば、それだけで顔の印象が暗くなりがちですが、脱毛することによって肌の明るさがワントーン上がります。さらに毛穴が引き締まるため目立ちにくくなるため、顔の印象が明るくなります。

③おでこを出した髪型に自信が持てる

おでこを出した髪型に自信が持てること。おでこの生え際のうぶ毛を脱毛していると、いつでも自信を持っておでこを出した髪型に挑戦することができます。前髪を下ろして分けている人や、アップヘアをしている人は、ぜひおでこ脱毛に挑戦してみてはいかがでしょうか。

サロン・クリニックでおでこ脱毛するデメリット

3.jpg

続いて、脱毛サロンやクリニックでおでこ脱毛するデメリットを2つご紹介します。

①紫外線ダメージが増える

紫外線ダメージが増えること。おでこに生えているうぶ毛などを脱毛することで、紫外線が直接おでこに当たりやすくなります。その結果、紫外線ダメージが増えてしまうことに。ただ、このデメリットは、紫外線を浴びるシーンで毎回しっかりと日焼け止めを塗ったり、紫外線ブロックできるアイテムを活用したりすることで、防ぐことが可能です。

②脱毛効果が出にくい

脱毛効果が出にくいこと。おでこに生えている毛は、ほとんどが細く短いうぶ毛です。そのため、他の部位に生えている腕や脚のムダ毛に比べると、脱毛効果を実感しにくく、効果を得られるまでに時間がかかります

数カ月は効果を実感できなくても、脱毛の回数を重ねて、おでこ脱毛を進めていく必要があります。脱毛を受けてすぐにつるんとしたおでこを目指すのは、難しいかもしれません。

セルフのおでこ脱毛ではダメ?サロン脱毛との違いを紹介

4.jpg

おでこのムダ毛は自己処理と脱毛サロンで大きな違いがあるため、それぞれの特徴を把握しておくと良いでしょう。ここからはおでこのムダ毛の自己処理とサロン脱毛の違いをご紹介します。

自己処理の特徴

自己処理の場合、自宅で簡単に処理できるため自分の好きなタイミングで行えるでしょう。さらにカミソリや家庭用の脱毛器などを揃えるだけなので、費用も抑えられます。しかし、カミソリなどで処理をしてしまうとおでこの肌を傷つけてしまう可能性があるでしょう。

おでこは顔の中でも目立つ部分なので、その分慎重に処理をしなければなりません。しばらくするとムダ毛がまた生えてくるので、継続的にケアしなければならないのも大きな負担になります。また、おでこの生え際の形を整えるのは難しいため、失敗しやすいのもデメリットです。

サロン脱毛と自己処理の違い

サロン脱毛する場合、プロのスタッフと専門的な機械を使うため丁寧にお手入れをしてもらえます。確実に脱毛できるだけでなく、失敗するリスクが低くキレイな形に仕上がるでしょう。

ただし、自己処理よりも費用がかかり、サロンに通う手間もかかってしまうのがデメリットです。しかし、費用はかかりますが、一度脱毛すれば自己処理の手間は大幅に少なくなります。

おでこ脱毛でよくある質問

5.jpg

おでこのムダ毛を脱毛するときは、脱毛に関する疑問や不安、悩みについて知っておくと、さらに安心して脱毛できるでしょう。ここからはおでこのムダ毛の脱毛に関する悩みについてご紹介します。

おでこ脱毛の範囲はどれくらい?眉毛は整えられる?

サロンのおでこ脱毛の範囲ですが、基本的には眉上から髪の生え際までの産毛までです。しかし、サロンによっておでこの範囲が変わるため、カウンセリングのときに確認するのが無難でしょう。

また、範囲は「眉上」になることがほとんどであるため、眉毛を整える施術を行っていることはほとんどありません

お手入れ中に痛みはありますか?

おでこは身体の中でも比較的皮膚が薄いので、脱毛時の痛みを感じやすいです。もちろん毛の量や産毛の濃さなどによって痛みは変わってきますが、場合によっては痛みを強く感じてしまうこともあります。

また、おでこの産毛は毛が細くて色も薄いため、脱毛器のライトの出力を上げる必要があり、痛みを感じやすいこともあるでしょう。痛みが気になるときはカウンセリングのときに相談するのがおすすめです。出力を調整してもらえば痛みを感じにくくなるでしょう。

効果が出るまでに必要な回数は?

おでこの脱毛はサロンによって頻度が異なりますが、6回~12回ほどで効果を実感できる場合が多いです。短いスパンで脱毛してくれるサロンであれば、3カ月ほどで脱毛が完了することもあるでしょう。

一般的には1~2カ月に一度お手入れを行っていることが多いため、半年ほどで効果を実感できます。

空席確認・予約する

おでこ脱毛の失敗パターン

6.jpg

つづいて、おでこ脱毛の失敗パターンをご紹介します。この失敗パターンをあらかじめ理解してから、おでこ脱毛に臨みましょう。

①ハゲているようなおでこになってしまった

「おでこが狭い」と悩んでいたため、3cmおでこを脱毛して、おでこを広くしようと考えました。キレイにおでこ脱毛を完了させることができたのですが、後々鏡でおでこをチェックしたら、なんだかおでこから髪の毛が後退しているようなハゲている頭に見えてしまっている...という残念な結果に。

②カツラをかぶっているようなおでこになってしまった

おでこ脱毛をしたら、生え際が不自然に見えてしまい、カツラをかぶっているようなおでこになってしまった人も少なくありません。うぶ毛をすべて脱毛したことで、生え際とおでこの境目がはっきりとして見えるようになったことが要因だと考えられます。

③後々デザインが気に入らなくなった

「M字型の生え際を整えたい。」と考えおでこ脱毛をしました。しかし、時間が経つにつれて「一般的な丸型に戻したい」と思うようになってしまったというケースもあるようです。ただ、一度おでこを脱毛してしまうと、脱毛した部分の毛は、半永久的に生えないもしくは生えにくくなるため、再度形を変えることが難しくなります。脱毛を行う前に、年齢を重ねても自然なおでこに見えるのか考えながら、スタッフと相談することをおすすめします。

おでこ脱毛で失敗しないポイント

7.jpg

最後に、おでこ脱毛で失敗しないためのポイントについてご紹介します。

①比率を考えて生え際の位置を決める

おでこの広さの黄金比は、顔の3分の1と言われています。おでこ脱毛を行うときには、黄金比に沿って脱毛する範囲を検討するとよいでしょう。

②生え際のデザインを選ぶ

おでこの生え際のデザインとして、主に「丸型」「富士型」「M字型」が挙げられます。最も人気かつ自然な「丸型」や、上品な「富士型」、知的なムードの「M字型」など、なりたいイメージなどに合わせて、好みのデザインを選んでから脱毛を始めましょう。

おでこ脱毛をして顔の印象を良くしよう!

おでこのムダ毛はサロンで脱毛することで、確実でキレイな仕上がりになります。おでこのムダ毛がなくなれば、化粧のノリが良くなるだけでなく肌もワントーン明るくなる効果もあります。

おでこのムダ毛が気になる方や前髪をかき上げたとき・分けたときにキレイに見せたい方は、おでこの脱毛をして顔の印象を良くしてみると良いでしょう。

空席確認・予約する

このページのTOPへ