高校生に合ったアンダーヘアのお手入れ方法とは?脱毛するメリットや注意点も紹介

高校生など思春期の女性はムダ毛が気になりやすく、アンダーヘアのお手入れに悩む方は多いです。誤った方法で自己処理すると肌を傷つけてしまうので、十分に気をつけなければなりません。適切な方法で自己処理する必要がありますが、ムダ毛の悩みが大きい場合は思い切って脱毛するのもおすすめです。

このページでは、高校生に合ったアンダーヘアの自己処理方法や脱毛のメリットについてご紹介します。

アンダーヘアのムダ毛は気になりやすい

1.jpg
高校生でアンダーヘアのムダ毛が気になる方は少なくありません。高校生であれば体育の授業で着替えるときや、プールに行ったときなど、周囲の目が気になるシーンが多いです。

さらにアンダーヘアのムダ毛のお手入れは、気軽に相談するのが難しいデリケートな問題でもあります。デリケートゾーンは皮膚が薄く傷つきやすいため、適切な方法でお手入れしなければなりません。恥ずかしい思いをしないためにも、また肌を傷つけないようにするためにも、普段から意識してケアすることが大切です。

アンダーヘアの適切なお手入れ方法は?

2.jpg
アンダーヘアの代表的なお手入れ方法は、カミソリ・電気シェーバー・脱毛ワックス・除毛クリームなどがあります。それぞれの方法にはメリットとデメリットがあるので、ここからは各方法の特徴についてご紹介します。

カミソリ

カミソリはアンダーヘアの一般的なお手入れ方法です。安く購入できる手軽な方法ですが、誤って肌を傷つけてしまうリスクがあるので、お手入れ時は十分注意してください。カミソリでムダ毛を剃るときは、事前に毛を温めて柔らかくし、シェービング剤を十分に使って滑らかに剃れるようにするのがポイントです。

Iラインは粘膜を傷つけるリスクが高いので、カミソリを使うときは内側から外側に向かって剃るようにします。お手入れ後は肌がダメージを受けており、乾燥しやすいためしっかりと保湿して肌を守ってください

電気シェーバー

電気シェーバーはカミソリと違い、肌に直接刃が触れないため、肌に与えるダメージが小さいのが特徴です。また、肌を湿らせる必要がないため、カミソリよりも手軽にケアできます。コンパクトな電気シェーバーであれば、携帯性も良いため気になったときにいつでもケアできるのも魅力です。

ただし、電気シェーバーでは深剃りできずすぐにムダ毛が伸びてしまうため、こまめにお手入れしなければなりません

脱毛ワックス・除毛クリーム

脱毛ワックスは肌にワックスを塗り、固まった後に絡まったムダ毛を一気に抜く方法です。一度に広範囲のムダ毛をケアできるので手軽ですが、剥がすときの痛みが強く肌へのダメージは大きいです

除毛クリームはタンパク質を溶かす成分が含まれたクリームで、肌に塗ってしばらく経ってから洗い流すことで一気にムダ毛をケアできます。ワックスと違い痛みは感じにくいですが、肌もタンパク質でできているので影響を受けてしまいます。肌への刺激が大きく、敏感肌の方はヒリヒリすることもあるので注意が必要です。

いずれの方法も肌に与えるダメージが大きいため、肌が薄いデリケートゾーンや顔への使用はおすすめではありません。

脱毛するのもおすすめ

これらの自己処理の主な方法では、少なからず肌にダメージを与えてしまいます。高校生の肌はまだ成長段階でデリケートなので大人よりもダメージを受けやすく、頻繁に自己処理を行うと肌トラブルが起きやすいです。

そこで、アンダーヘアを脱毛すると自己処理の手間が減るのでおすすめです。高校生でも脱毛を受けられるので、ムダ毛が気になる方は是非試してみてください。

高校生が脱毛するメリット

3.jpg
高校生で脱毛を考えている方は、まずどのようなメリットがあるのか把握するのがおすすめです。ここからは、高校生が脱毛するメリットをご紹介します。

学割を利用できて料金が安い

高校生であれば多くのサロンで学割を利用できます。通常の脱毛の場合、部位や範囲などにもよりますが費用は数万円から数十万円ほどかかります。そこで学割を利用すれば、10%~30%ほどの割引になることが多いのでおトクです。

脱毛に通う回数や期間が長くなれば、脱毛の総額は高くなる傾向があるので、学割の割引分も比例して高くなります。学割は学生の間しか利用できないため、気になる方は早めに脱毛を受けるのがおすすめです。

予約・スケジュールを合わせやすい

脱毛を受けるためにはお手入れの予約を取る必要があるため、予定を合わせなければなりません。社会人になると仕事で忙しくなり、平日は脱毛サロンの営業時間に間に合わない方が多いです。高校生であれば、授業は夕方までには終わるため、放課後の時間を利用して脱毛を受けやすいです

高校生は社会人よりも比較的自由に時間を使えるため、脱毛サロンに通う時間を確保しやすいです。学生の間に脱毛を完了させておけば、その後のムダ毛のお手入れが楽になります。

ムダ毛を気にせず思春期を過ごせる

高校生にとってムダ毛のお手入れはデリケートな問題であり、アンダーヘアについては友達や家族にも相談しにくいです。適切な自己処理の方法を知らず、誤った方法でお手入れをすると肌を傷つけてしまい、また悩みができるといった悪循環に陥ってしまいます

高校生のうちに脱毛しておけば、デリケートな思春期の悩みを軽くできます。脱毛してキレイになれば、自分の身体に自信を持ちやすくなるのも大きなメリットです。

将来的にもキレイな肌を維持しやすくなる

脱毛をするとそれ以降の自己処理の手間が少なくなるため、肌へのダメージを軽減できます。例えば、アンダーヘアの自己処理を頻繁に行っていると、その刺激によって色素沈着が起き、デリケートゾーンが黒ずんでしまうことがあります

他にも、皮膚の下に毛が埋まる埋没毛にもなりやすいです。高校生など早いうちに脱毛を完了させておけば、カミソリなどの刺激がなくなるためキレイな肌を維持しやすくなります

高校生が脱毛するメリットについて、以下の記事でも詳しくご紹介しています。
学生のうちに脱毛するメリットと注意点

空席確認・予約する

高校生が脱毛サロンに通うときの注意点

4.jpg
高校生が脱毛サロンに通うメリットは多いですが注意点もあります。安心して脱毛を進めるためにも、脱毛サロンに通うときの注意点をご紹介します。

脱毛の契約には親(保護者)の同意が必要

高校生など未成年の方が脱毛の契約をする場合、親権者の同意が必要です。そのため、保護者の方に脱毛を受けることに同意・賛同してもらわなければなりません。もし保護者の方の同意を得られない場合は、お手入れを受けられないので要注意です。

ミュゼプラチナムでは、原則として未成年者の契約時には親権者様にご同席いただき、契約内容をしっかりご理解いただいた上で契約を締結させていただいております。もし同席が難しい場合は、親権者同意書にご記入いただき、確認のお電話をさせていただいております。

日焼けしていると脱毛できない

高校生の場合、屋外での体育の授業や部活動などで日焼けすることが多いです。しかし、日焼けをしていると脱毛のお手入れを受けられないので注意してください。なぜなら脱毛のお手入れは、脱毛機のライトが毛根の黒い色素に反応し、毛を生やす部位にダメージを与える仕組みだからです。

日焼けしていると、脱毛機のライトが肌の黒い色素に反応してしまい、熱を帯びて火傷する可能性があります。そのため、多くの脱毛サロンでは日焼けしている肌にお手入れはしていないので注意してください。

お手入れによるダメージが大きい場合がある

高校生の肌は大人よりも柔らかくデリケートなので、脱毛のお手入れによって大きなダメージを受ける可能性があります。脱毛は毛根にライトを当ててダメージを与えるため、脱毛のお手入れを受けた後は肌が熱を持った状態になっています。

肌が受けるダメージには個人差がありますが、場合によっては肌を傷めたり痛みが強く出たりする可能性があります

高校生が脱毛する際の注意点などについては、以下の記事でも詳しくご紹介しています。
高校生が脱毛サロンを選ぶポイント

アンダーヘアが気になるなら脱毛してみよう

5.jpg
高校生にとってアンダーヘアのムダ毛のお手入れは大きな悩みであり、肌トラブルを招く原因にもなり得ます。誤った方法でアンダーヘアのムダ毛を自己処理すると、肌を傷つけるリスクがあるので注意が必要です。

高校生の間に脱毛するのは早いと感じる方も多いですが、メリットは多く将来的にも肌をキレイな状態に保ちやすいです。アンダーヘアのムダ毛に悩んでいる方や、キレイな状態の肌を保ちたい方は、是非脱毛を試してみてください。

空席確認・予約する

このページのTOPへ