VIO用シェーバー「VIOフェリエ」がおすすめな理由とは?選び方やメリットも紹介

VIOをしっかりとお手入れしておきたい気持ちはあるけれど、手が届きにくいし剃れているかわからない、というお悩みを持つ女性は多いのではないでしょうか。

こちらのページでは、VIO用シェーバーのメリットや上手な選び方をご紹介します。ミュゼでおすすめしている「VIOフェリエ」についても解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

VIO用シェーバーの種類は?

1.jpg

VIO用シェーバーには「シェーバー」タイプと「ヒートカッター」タイプの2種類があります。まずはそれぞれの特徴を確認してから、どのようにお手入れしたいか考えて選んでみてください。

ムダ毛を剃る「シェーバー」

1つ目は、ムダ毛を剃ってお手入れする「シェーバー」タイプです。広い範囲に適していて、Vラインを整えたいときにぴったり。肌に当たらないガード付きのものなら、安心してIラインやOラインの自己処理をすることもできます

同じ剃るタイプでも、手動のカミソリより肌に優しいのがポイントです。商品によっては、剃った後の毛がチクチクしやすいこともあります。刃の構造などを確認して、チクチクしにくいものを選ぶのがおすすめです

ムダ毛を焼き切る「ヒートカッター」

2つ目は、ムダ毛を熱された鉄線で焼き切る「ヒートカッター」タイプをご紹介します。シェーバータイプのチクチク感がどうしても気になるという方は、ヒートカッターなら毛先が丸くなりやすいのでいいかもしれません

ただ、毛束をつまみながら鉄線に通してカットするため、広い範囲の自己処理は時間がかかるデメリットがあります。また、毛を焦がしながらカットしていくため、独特の焦げ臭いにおいがするのも苦手な方がいるかもしれません。

VIO用シェーバーを使う3つのメリット

2.jpg

それでは、VIO用シェーバーを使用するメリットを3つ紹介していきます。これらを把握しておけば、肌が弱い方でも安心して使用できるようになります。

肌への負担が少なくて済む

電気シェーバーは、カミソリや毛抜きなど他の自己処理方法に比べて、肌へ当たらないため肌への負担が少ないのがメリットだと言えます。普段、カミソリを使うと赤くなったり肌荒れしてしまったりする敏感肌の方でも、使いやすいのがポイントです。

脱毛サロンに通って脱毛をしている方も、サロンに行く前に自己処理が必要ですが、そこでは電気シェーバーを勧められることが多いです。それだけ負担が少ない方法だということがわかります。

見えない部分もお手入れしやすい

電気シェーバーは、商品によって異なりますが安全に使用できるカバーがついているものが多いため、見えない部分も自己処理しやすくなっています。また、VIO専用のシェーバーなら、多くの商品がIやOなど見にくい場所にも対応しています。

カミソリでの自己処理は、VまではできてもIやOは滑って傷つけてしまいそうで怖い方も多いはず。専用のシェーバーを使えば安心です。

乾いた肌にも使用できる

カミソリで自己処理をするには肌が濡れていないと傷つけてしまいますが、電気シェーバーは乾いた肌にも使えるのが魅力。携帯性の高いコンパクトなものなら、外出先などでもささっとケアすることが可能です。

その代わり、電気シェーバーはカミソリに比べて深剃りできません。見た目が気になるなら、カミソリと併用するのもおすすめ。

VIOシェーバーを選ぶポイント

3.jpg

それでは、数々あるVIOシェーバーの中から選ぶためのポイントとなる点を、解説していきます。肌への優しさなどはもちろんですが、さらにあったら便利なポイントをご紹介します。

コードレスタイプならどこでも使える

VIOシェーバーには、コンセント式や乾電池式、充電式の3つの電源タイプがあります。

自宅でしか使わないならコンセント式でもいいかもしれませんが、外出先にも持っていきたい場合や家のいろいろな場所で使いたい場合は乾電池式や充電式がおすすめです

また、電池の入れ替えが面倒な場合は充電式がベストです。自分にとって一番使いやすいタイプを選んでみてください。

防水タイプがお風呂で使えて便利

乾いた肌に使えるとはいっても、お風呂の中で剃った毛を洗い流したい場合は、防水でお風呂でも使えるものを選んでおくと便利です。さらに、泡をつけてシェービングしても大丈夫なものなら、肌にも優しいのでおすすめ。

ただ、防水タイプと一口に言っても、完全防水から部分的に防水なものまでさまざまです。しっかりと確認してから選ぶようにしてください。

空席確認・予約する

VIO用シェーバー使用の注意点は?

4.jpg

肌に優しく手軽に剃ることができるVIO用シェーバーですが、知っておきたいデメリットもあります。1つ目が「深剃りできないため頻繁にムダ毛処理が必要なこと」、2つ目が「使用時に音が出ること」です

これをデメリットに感じる方と感じない方がいるかもしれませんが、デメリットに感じるなら購入までに改めて検討する方がいいかもしれません。

使用時に音が出ることは、家で1人で使う分には気にならないかもしれませんが、外出先で聞かれるのが嫌な方や、パートナーに自己処理していることを知られるのが嫌な方は注意が必要です。

「ミュゼ限定オリジナル商品VIOフェリエ」がおすすめ

5.jpg

ミュゼでは、VIO用シェーバーとして「ミュゼ限定オリジナル商品VIOフェリエ」の使用をおすすめしています。ここからは、こちらの商品のおすすめポイントやメリットを解説。ぜひ、検討中の方は確認してみてください。

パワフルモーターを搭載しているのでスピーディー

同シリーズの過去の商品に比べて、約3倍ものパワフルモーターを搭載しているということで、VIOのしっかりとした太い毛もしっかりとカットしてくれるシェーバーです。

VIOにしっかりとフィットしてくれるため、思いのままに自己処理をすることができます。パワフルでスピーディーなのに優しい使用感なのが嬉しいポイント。

刃先が丸く肌に優しい

刃先が丸いため、肌あたりが優しく肌を傷めずに剃ることができるのがメリットです。さらに、さまざまなアタッチメントがついているため、整えたい形や毛の長さによっていろいろとお手入れができるのも嬉しいポイント。

例えば、つるスベ肌にしたいならネット刃を使用することで、穴の大きい網目がしっかりと毛をキャッチし、優しくカットしてくれます。チクチクせずに剃れるのがいいところです。

さらに、長さは残したいけれど少しボリュームを減らしたい部分は、ボリュームダウンコームを取り付けることで自然なVゾーンを作り上げます。他にも、肌を傷つけないスキンガードや、鼻毛や口周りもケアできるエチケットカッターも付属。

防水タイプで丸洗い可能

お風呂場でも安心して使うことができる、防水仕様になっているのも嬉しいポイントです。使用後、本体を丸ごと水洗いできるので清潔です。ただ、なるべく除毛自体は毛が乾いた状態で使用するのがおすすめです。

お風呂に入る前に乾いた状態で使用し、終わってから本体を洗い流すようにしてください。

VIO用シェーバーで肌に優しいお手入れをしよう

6.jpg

こちらのページでは、VIO用シェーバーを使うメリットや選び方、使用の注意点についてまとめました。丁寧にお手入れしておきたいなら、ぜひVIO用シェーバーの使用を検討してみてください。

カミソリのように怖くなく、肌にも優しく自己処理ができるのでおすすめです。防水でたくさんのアタッチメント付きの「VIOフェリエ」もチェックしてみてください。

空席確認・予約する

このページのTOPへ